木曽川ルアー釣行で55cmチヌキャッチ スローの巻きに好反応

木曽川ルアー釣行で55cmチヌキャッチ スローの巻きに好反応

7月9日、数日前から雨が降り河川もいい雰囲気だろうと、高ぶる気持ちを抑え三重県桑名市を流れる木曽川へ向かった。55cmの年無しチヌをキャッチしたので、その模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でルアー釣行

現地に到着して、まずはベイトと水質チェックをしたが、岸際には無数のボラの稚魚(ハク)が群れており、水質もうすっら濁りが入る程度だ。早速準備をしてから20gのバイブレーションを投入した。

私の通っているフィールドでは、ボトムを探ることが釣果につながる。ボトムを探れるほどの潮位まで下がれば釣り開始となり、あとはリトリーブスピードを調整するのだ。

リトリーブスピードは、その日の状況で変わるため、速く巻けば釣れるとは限らない。この日はスローテンポの巻きに反応が良かった。キャストするたびに、ルアーにアタックしてくる高活性な魚たち。

55cm年無しクロダイ浮上

数投後、硬めのロッドがついにブチ曲がった。リールからはジーーッとラインが出ていく。この引きは間違いなくクロダイだ。しかも大きい。慎重にやり取りしてランディングに持ち込む。上がってきたのは、明らかな年無しサイズだ。すぐに計測してみると55cm。立派な魚と出会うことができた。

木曽川ルアー釣行で55cmチヌキャッチ スローの巻きに好反応良型クロダイをゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

クロダイ追加で納竿

その後、さらにもう1匹を追加したところで、アタリがなくなってしまい納竿とした。いよいよ木曽川のリバーゲームが面白くなってきた。クロダイだけでなくマゴチやシーバスもヒットしてくる。

木曽川では急激な深みや流れが速いため、釣行する際は必ずライフジャケットを着用してほしい。

<週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
木曽川
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。