深海の生きた化石『カグラザメ』が水揚げされる 加熱すれば美味?

深海の生きた化石『カグラザメ』が水揚げされる 加熱すれば美味?

深海に生息する巨大ザメ「カグラザメ」。古い時代のサメの特徴を残すことから「生きた化石」とも呼ばれています。

(アイキャッチ画像提供:饗場空璃)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

巨大な深海サメが水揚げ

台湾東部・台東県は沖合に深い海が広がり、サクラエビなどの深海生物漁業が行われています。そんな台東県にある新港漁港で7月中旬に、深海性の大型サメの一種「カグラザメ」が水揚げされ、国際的なニュースになっています。

深海の生きた化石『カグラザメ』が水揚げされる 加熱すれば美味?カグラザメ(提供:饗場空璃)

水揚げされた個体は長さがほぼ4m、重さは570kgというおどろきのサイズ。深海魚漁が行われている地域では、狙いの魚介類と一緒に混獲されることがありますが数は少なく、地元漁師たちも「初めて見た」と驚いているといいます。

カグラザメとはどんなサメ?

カグラザメは、世界各地の水深200~2500メートルの深海に生息する深海性のサメの一種です。見た目はちょっと寸詰まりの顔をした普通のサメといった感じで、異形のものが多い深海サメの中ではキャラが薄そうに見えます。

しかし、例えば通常のサメには5対あるエラの穴がカグラザメには6対あるなど、いくつかの点で他のサメと絶対的に異なる特徴を持っています。これは原始的なサメの特徴でもあることから「生きた化石」とも呼ばれるサメです。

深海の生きた化石『カグラザメ』が水揚げされる 加熱すれば美味?カグラザメの筋肉(提供:茸本朗)

餌の種類は豊富であると見られ、捕獲された個体の胃袋からは様々な魚類、甲殻類、イカ・タコ類、貝類、海産哺乳類などが見つかっています。また彼らは魚では珍しく胎生で、子宮内で卵を孵化させ、一度に数十匹の幼魚を産みます。

サメの仲間はいずれもその生態に謎を多く残していますが、このカグラザメは深海性ということもあって捕獲例自体が少なく、詳しい生態はほとんどわかっていません。そのため、各国で調査研究が進められています。

次のページで「カグラザメ」の気になる味は?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。