解禁日の葛川アユ友釣りで16匹 各人気エリアの状況もレポート

解禁日の葛川アユ友釣りで16匹 各人気エリアの状況もレポート

滋賀県安曇川水系のアユ友釣り、6月1日朽木漁協区・同4日廣瀬漁協区に続き、25日に最後の葛川漁協区が解禁となった。これにて、安曇川水系全流域で友釣りシーズンが開幕となった。安曇川水系最後の解禁日ということで、解禁の入れ掛かりを楽しみたい多くのアユ釣り人が早朝よりずらりと川岸に並び、大盛況の開幕となった解禁日の模様をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター牧野広行)

牧野 広行

ルアーフィッシングをメインに、春の渓流・夏の鮎釣り・秋のエギング・冬のジギングに夢中です。

×閉じる

淡水の釣り アユ釣り

つかみ取り前の瀬は大混雑!

昼過ぎからは漁協から川に降り、大混雑のつかみ取り前の瀬をパトロールしながら常連さんたちと情報交換。さすがに3時過ぎにはアタリも遠のき、早めに納竿される釣り人さんも増えてきた。そうしていると、朝から早瀬を釣っていた友人が、「もう止めるよ。」と場所が空いたことを知らせてくれた。「それでは、私の解禁始めさせてもらいます。」とハイタッチで入川させて貰った。

解禁日の葛川アユ友釣りで16匹 各人気エリアの状況もレポート午後4時、早瀬に入川(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

当日の仕掛け

友人に仕掛けを聞くと、終日複合0.08号のノーマル仕掛けにオモリを付けたり外したりして釣っていたとのこと。友人が直線的な釣りをしているのなら、私は面の釣りで釣り荒れたポイントをじっくり攻めようと決めた。選んだのは、ライン・アーマード鮎FH0.06号の完全ノーマル仕掛け。

解禁日の葛川アユ友釣りで16匹 各人気エリアの状況もレポート当日使用したアーマード鮎FH(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

狙いどおりの釣果に満足!

私にとって相性の良いアーマードFH鮎は、早瀬やかなりの急瀬でもオトリアユをゼロオバセでしっかり沈めることができ、ここ数年愛用しているラインだ。オトリアユは、狙いどおり瀬尻の強い流れの白泡の下を滑らかに泳いでいる。その泳ぎに合わせアユザオの角度を調整しながら目印を凝視していると、あっという間もなく上流に目印が走ったかと思うと瀬際で反転し下流に勢いよく疾走した。

これをしっかりロッドパワーで浮かせ、引き抜いて玉網にキャッチした。岸から見ていた友人も大喜びでVサイン。「今度は一緒に釣ろう。」と手を振って川原を去って行った。

このあと、サオの入りにくい複雑な流れだけを攻めて16匹にて、私の解禁を終了した。

今シーズンも楽しいアユ釣りを!

漁協に帰ると、黒板に今日の釣果が掲載されていた。この表に記載の方々以外にも多くの方が素晴らしい釣果を得ていることを確認している。その一方で、ポイント移動も不自由で、期待どおりの釣りができなかった方々も多かったと思うが、今期のアユは今解禁したばかり。解禁の喧騒も収まるので、ぜひ今シーズンも楽しいアユ釣りで猛暑を乗り切ってほしい。ご安全に!

解禁日の葛川アユ友釣りで16匹 各人気エリアの状況もレポート漁協掲載・解禁日釣果(提供:TSURINEWSライター牧野広行)

<牧野広行/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
葛川漁協

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。