鹿島槍ガーデンでのエリアトラウト釣行で60cmアルビノ頭に大型魚激釣

鹿島槍ガーデンでのエリアトラウト釣行で60cmアルビノ頭に大型魚激釣

梅雨の候、一時の晴れ間にあじさいの花びらにしたたる滴(しずく)が美しい輝きを見せる今日このごろ。今回は長野県大町市にあるフィッシングランド鹿島槍ガーデンへ、2日間の遠征釣行に出かけた。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・山根嶺河)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

鹿島槍ガーデンでエリアトラウト釣行

釣行日は6月17~18日。タックルは図を参照。

鹿島槍ガーデンでのエリアトラウト釣行で60cmアルビノ頭に大型魚激釣タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・山根嶺河)

午前7時の開場とともに受付を済ませ、まずはキープできる2号池へと足を運ぶ。インレット周りに、50cmオーバーのニジマスを発見。早速ポーリー69DRHFで、砂煙を巻き上げながらトゥイッチさせてやると、真横からすっ飛んできてガツンと気持ちのいいバイトだ。幸先のいいスタートだ。

60cm超えブラウンと強引ファイト

その後立ち位置を変えて池中央の島方向へキャストして、藻を引っ掛けないよう気をつけながら速めのトゥイッチで寄せてくると、猛スピードで追いかけてきてガッ!と激しいバイト。自身初となる50cmオーバーのブラウントラウトだ。

その後3段プールの2段目のアウトレット付近で、60cmオーバーのブラウントラウトを発見。顔がこちらを向いたタイミングでルアーを投入すると、チェイスはあるがあと一歩というところで見切られてしまった。

鹿島槍ガーデンでのエリアトラウト釣行で60cmアルビノ頭に大型魚激釣ブラウンは60cmオーバー(提供:週刊つりニュース関東版APC・山根嶺河)

再び対岸へ向かったところで、ルアーをキャスト。方向が変わった瞬間に軽くトゥイッチを入れてやると、ガブリ!と勢いよくリアクションバイト。走られないように強引にファイトしてネットイン。鼻曲がりのカッコいい魚体だ。

時刻は営業終了間際。急いで3号池へと足を運ぶ。インレット周りにアルビノを発見。魚体に触れないよう、丁寧にトゥイッチさせながら流れに乗せてやるとガツッとしたバイトとともに、強烈な引きでラインが出される。最後の最後まで楽しんだところで、初日の釣行は終了となった。

2日目も良型トラウト高活性

遠征2日目となる18日、休日ということもあり朝早くからランディングネットが受付前に並べられていた。この日は2号池が大盛況ということもあり、3号池からスタートすることにした。

使用するのはポッピングバグ。前日のマスたちの様子をうかがうと、水面の虫を捕食していることが多々あった。早速池中央にキャストすると、着水と同時に大きな水しぶきが上がった。やはりトップへの反応はいいようだ。

鹿島槍ガーデンでのエリアトラウト釣行で60cmアルビノ頭に大型魚激釣ニジマスも大型ぞろい(提供:週刊つりニュース関東版APC・山根嶺河)

開始早々45cmのブラウントラウトをヒットさせ、この日も幸先のいいスタートを切れた。その後もトップへの反応は上々、40~50cmまでのブラウン、ニジマスを連発し、3号池だけで余裕のツ抜けを達成できた。

午後2時を回ったところで、少しスペースが空いたので2号池へ。岸際に40cmほどのトラウトがいたので、ポーリーで頭をかすめてやるとガツンと気持ちのいいバイト!ネットをのぞくと、なんとびっくり、小イトウだった。

次のページで60cmビッグワンのアルビノ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。