イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?

イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?

ケンサキイカをはじめ、ツツイカ類を対象としたゲームで好釣果を得るためには、状況に合わせたベストな釣り方、タックルを用いる必要がある。今回、ロッド選びの要点を紹介するとともに、福井県の若狭湾で釣法とタックルを使い分け、マイカ(ケンサキイカ)を攻略する様子をリポートしたい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部 五井)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

イカメタルに変更

イカの群れがまとまり、タナが絞れてきたところで下地さんはイカメタルに変更。20号のスッテ+ドロッパーで探っていく。ロッドはMETALZON(メタルゾン)SSD C64ML/SL

イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?群れがまとまったらイカメタルに変更(提供:TSURINEWS編集部 五井)

15号前後のスッテの操作に適したこのロッドは、20号以下のスッテを使うケースや、繊細な駆け引きを要するシーンで活躍する汎用ライトモデル。

重いスッテ対応のモデルも

なお、これよりひと回りパワーを上げたMETALZON(メタルゾン)SSD C66M/SLがある。こちらは20号以上のスッテを使い急潮下や深場を攻めるシーンを想定してある。若狭湾ではボトムの大型狙いや、真冬のヤリイカメタルにピッタリだろう。

イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?C64ML/SLとC66M/SL(提供:TSURINEWS編集部 五井)

ちなみに、メタルゾンSSDシリーズのカーボンソリッドティップは視認性に優れたホワイト&蛍光グリーンカラー。優れた感度と相まってアングラーをサポートする。

タナを変えて釣果伸ばす

下地さんは、水深30~40mの範囲で釣果を上げつつ、アタリが減ったら上へ下へとタナを変え対応。先手を打ってタナを突き止め釣果を伸ばした。

イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?タナを絞りイカメタルで連発(提供:TSURINEWS編集部 五井)

マイカ(ケンサキイカ)のタナが変わる原因のひとつに人為的プレッシャーがある。怪しい物体に触れた仲間が次々に釣られると、周囲のイカはここにある「あれ」は危険と判断し、他のタナで捕食を始める。そこで、先手を打って付近のタナを攻めれば、警戒心を解いた個体にコンタクトできるわけだ。

イカメタルでケンサキイカ連打 常にヒット生み出すタックル選びとは?先手必勝でマイカを追加(提供:TSURINEWS編集部 五井)

次のページはオモリグでスレたイカを攻略!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。