遠州灘サーフのフラットゲーム釣行で50cm超マゴチ カケアガリでヒット

遠州灘サーフのフラットゲーム釣行で50cm超マゴチ カケアガリでヒット

夏が旬のマゴチを釣りたいと考えて遠州灘のサーフゲームに行ってきた。釣行当日は満潮と重なる朝マヅメに青物を狙い、下げ潮でヒラメとマゴチを狙おうと企んでいた。結果この日は、夏が旬の良型のマゴチを手にすることができ大満足。その釣行をレポートしよう。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

遠州灘でルアーマゴチ釣り

今シーズンの静岡県・遠州灘のサーフゲームは、例年になく釣果が聞かれない不調の年と感じているが、夏が旬のマゴチを釣りたいと考えて6月28日、掛川市を流れる弁財天川の河口のサーフへ向かった。

早くなった夜明けに合わせて、ポイントに到着したのは午前4時30分。いい日に当たれば、イナダやカンパチなどの小型青物が回遊しているという情報を得ていたため、回遊に期待しながらキャストを開始した。

見渡す限り数人しかアングラーがいない状況に最近の不調を感じたが、アングラーによるプレッシャーが低いとポジティブに考えてキャストを繰り返した。

菊川河口へポイント移動

この日は大潮で朝マヅメと満潮が重なるため、朝マヅメに青物をキャッチして、干潮までの下げ潮でヒラメやマゴチを狙おうと企んでいた。だがそんなに簡単に魚を手にすることができず、朝マヅメは青物の回遊もフラットフィッシュの反応もないまま、7時にはキャストしているのは私だけとなっていた。

暑さが厳しい夏のサーフゲームで長時間釣りを続けることは難しく、集中力を保つには適度な休息と食事、こまめな水分補給が重要となる。この日も休憩時には水分を取りながら8時までキャストを繰り返したが、反応を得ることはできず菊川河口右岸へ移動することにした。

高台から海を臨むと、キスを狙っている釣り師の姿が複数確認できた。釣れているから釣りをしているのだろうと期待してあいさつしてみると、たくさんは釣れないが50m以内の近場でポツポツと良型のキスが釣れていると教えてくれた。

キスを食ってくる魚はいないとのことだが、キスはマゴチの大好物ということで、良い話を聞くことができた。暑さが厳しく長時間の釣りは厳しいため、午前11時の干潮前後2時間と決めて10時から釣りを再開した。

50cm超マゴチをキャッチ

ルアーは、キスが釣れているときに実績が高いビーチウォーカーハウルのパールカラー、キスのサイズに合わせて5inchのワームで歩きながら探っていく。扇状に数投キャストしたら5m移動を繰り返していると、波が立ち上がる見渡す限りで最も浅いポイントまで到達した。

そこより先は浅瀬が続くエリアになるため、カケアガリ周辺を丁寧に探っていると、リトリーブするハウルがボトムにコンタクトした瞬間に明確なアタリが出た。久しぶりのヒットにアワセが遅れた感じだったが、新品のフックを装着していたことを信じてゆっくり寄せてくると、波間に良型のマゴチの姿が見えた。

波打ち際でラインテンションが緩みフックが外れてしまった苦い経験を生かして、ラインテンションを保ちながら砂浜にずり上げたのは、50cmオーバーのグッドサイズのマゴチだった。

遠州灘サーフのフラットゲーム釣行で50cm超マゴチ カケアガリでヒットルアーはビーチウォーカーハウルのパール(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

旬魚の良型マゴチに大満足

マゴチは食べておいしい魚だが、キスが釣れている情報を教えてくれた70代と思われるエサ釣り師にプレゼントしたところ大変喜んでくれた。

気を良くして釣りを再開し、ワームで探り歩いてきたエリアをシンキングペンシルに交換して戻っていると、狙い通り小型のヒラメらしい魚がヒットしたのだが、残念ながらフックアウト。

ここで予定していた正午となったため、釣りを終えた。この日の釣果は、マゴチ1匹だったが、夏が旬の良型のマゴチを手にすることができ大満足な釣行となった。

しかし暑い日で最高気温は35度。今後も暑い日が続くと思うが、朝夕の涼しい時間と潮変わりのタイミングの短時間釣行を楽しんでみようと考えている。

遠州灘サーフのフラットゲーム釣行で50cm超マゴチ カケアガリでヒットカケアガリを丁寧に探って引き出したマゴチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・高木孝)

<週刊つりニュース中部版APC・高木孝/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
菊川河口
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。