ルアーシーバス釣行で本命5匹 ノーマルタックルとLTどちらが釣れる?

ルアーシーバス釣行で本命5匹 ノーマルタックルとLTどちらが釣れる?

前回LTシーバスの感触があった、明石方面へ再び釣行。この日は潮回りもバチ抜けにいい満月の大潮で、着いた瞬間から水面に捕食音が響いていた。わりと本気のシーバスタックルとライトタックルの2本で5匹を仕留めた釣行をレポートする。

兵庫県リアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトタックルで2尾追加

最初は順当にダウンサイジングすることして70mmのルアーを表層に打つ。しかしメバルがちょこちょこつつく程度で食わない。そこで45mmまで落として、パール系のアピールカラーに変えてみると、早々に2バイト2キャッチできた。

ルアーシーバス釣行で本命5匹 ノーマルタックルとLTどちらが釣れる?LTで追釣(提供:TSURINEWSライター井上海生)

なんだか簡単すぎるような気もする。シーバスはこれまで、私が本当に苦手としていた魚種なのだ。それがライトゲームの延長だと考えるようになってから釣れるようになった。ちょっとした自己啓発的な体験のようにも思える。まあ釣れたらなんでもいいのだけれど。

潮が下げきって潮位がなくなり、この日は二時間で納竿した。

ノーマル?LT?

バチのサイズを見てシーバスが食ってくるならば、やはり今の大阪湾沿岸ではLTの方がいいと思う。しかし結局、シーバスタックルに3匹、ライトタックルに2匹と、魚の数ではスタンダードなタックルが合っている。どちらが釣れるか、データ不足の感も残る。

けれど、ともあれ楽しい釣りができたのはよかった。それにソフトマテリアルのバチルアーでド表層以外のレンジ攻略ができたのも、一つの感触だ。残り少ないバチ抜けシーズン、引き続き釣っていきたい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
明石エリア

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。