釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添え

釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添え

夏磯の人気ターゲットとして知られるタバメ(ハマフエフキ)。そろそろノッコミ期に入り、脂がのるころだ。そこで今回は「タバメの炙り・梅肉ワサビ添え」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

あぶる

刺し身にする準備ができたら、料理用ガスバーナーであぶる。その際は、まな板にアルミホイルを敷き、その上に魚をのせてあぶる。

釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添えガスバーナーであぶる(提供:TSURINEWSライター松田正記)

食べごろサイン

ガスバーナーであぶる際、脂が「ブチブチ」と音を立てれば食べごろサイン。あとは氷水で冷やし、水気を取ってカットすれば刺し身の完成。

梅肉とワサビを添える

最後は梅肉とワサビを添える。箸でつまむ際、梅肉とワサビを少し挟み、刺し身じょう油をほんの少し付けて口に運ぶ。コリコリした食感と、ほんのり香る「炙り風味」が格別。白ワインによく合う。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。