釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添え

釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添え

夏磯の人気ターゲットとして知られるタバメ(ハマフエフキ)。そろそろノッコミ期に入り、脂がのるころだ。そこで今回は「タバメの炙り・梅肉ワサビ添え」を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

美味しいサイズ

まずは美味いタバメを覚えておこう。見分け方は至ってシンプル。大型よりも小ぶりなものがよく、釣り上げた時に目玉の黒い部分がはっきりしていて、鼻筋が黄金に光っているもの。サイズ的には40~50cmがいい。

釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添え鼻筋が黄金で目玉が黒いのもが美味しい(提供:TSURINEWSライター松田正記)

上手な持ち帰り方

釣れたタバメはナイフなどを使って締め、しっかり血抜きをする。水汲みバケツを使ってよく洗ってから、クーラーに収める。この時、海水を少し加え、魚全体を潮氷に浸すのが鮮度を保つコツだ。

下処理

持ち帰ったタバメは頭とワタを取る。ワタを取る際、真子や白子が入っていれば、煮付けや天ぷらに。頭はエラを外し、蒸し物などにする準備もしておこう。

3枚におろす

3枚におろす時はウロコが付いたままおろしていく。次に皮を剥ぎ、フィレ(背開き)の状態に。あとは中骨と腹骨を取り、サク取りにする。

釣り人的「アレンジレシピ」:タバメ(タマン)の炙り・梅肉ワサビ添えウロコが付いたまま皮を剥ぐ(提供:TSURINEWSライター松田正記)

ちなみに骨を取る際、骨の周りにも身がたくさん残る。これは骨ごと塩焼きやバター焼きにすると最高だ。

裏ワザ

サク取りしたタバメは身の弾力を確かめる。大半、真ん中から上(頭に近いほう)は足が早く、身が軟らかいので、ここは思い切って身持ちのいい下(尾っぽ側)の身だけを使う。ちょっとした裏ワザだ。

ただし、弾力を確かめる際、身全体がブリブリしていれば、無理に切り分ける必要はなく、そのまま使おう。

次のページはガスバーナーであぶって完成!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。