タイラバ釣行で70cm頭にマダイ好捕 電動より手巻きタックルが好適?

タイラバ釣行で70cm頭にマダイ好捕 電動より手巻きタックルが好適?

3年ぶりの行動制限のない大型連休(ゴールデンウイーク)。皆さんもいろいろと計画されたと思うが、釣りバカの頭の中は釣りに行くことしか思い浮かばない(笑)。そこで私の釣り弟子の3人(浜ちゃん、村田君、森君)と、5月1日にマダイ狙いで愛知県・南知多町師崎の七福丸所属のルアー船、元栄丸に乗船してきたのでリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

元栄丸でタイラバ

この時期、元栄丸はタイラバ専門でじっくりとマダイを狙わせてくれる。当日は行動制限はないとはいえ、コロナ対策として現地集合とした。

午前5時20分に釣り座の抽選があり、私が左舷トモ、浜ちゃんが右舷トモ、村田君が左舷ミヨシから2番目、森君が3番目となった。5時45分に船が桟橋を離れる。

港の外に出ると、結構波と風があり、これはタフな釣りになりそうな予感。当日は沖の海況が悪く、師崎前の近場ポイントを流すということで、エンジン音がすぐにスローに変わった。

船長から「水深は30m、始めてください」のアナウンス。しかし、私はまだタックルの準備ができていない。

開始早々弟子に70cm本命

急いで紅牙MX69XHにPEライン0.8号、リーダー4号を巻いた電動のフォースマスター301DHをセットする。ヘッドは80gのオレンジ/金、これにネクタイだけのシンプル仕様だ。

タイラバが着底して巻き上げを始めた時、村田君の穂先が早くもたたかれている。しかもかなりの大物のようだ。そして、船長の差し出すタモに収まったのは、70cmの大ダイだ。やられた~!

弟子に先を越されてしまったが、マダイは間違いなくいるということが分かったので、船内がにわかに活気づく。

タイラバ釣行で70cm頭にマダイ好捕 電動より手巻きタックルが好適?村田さんが師匠を差し置き70cmの大ダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

アタるも乗せられず

次は誰にくるかと、周囲を気にしながらリールを巻く。底から10mぐらいまで巻き上げ、アタリがなかったらまた落とすということを繰り返す。タイラバの場合、誘いは必要なくただ巻くだけなのだが、その巻きスピードがキモでその日の当たりスピードを早く見つけることが釣果を伸ばす秘けつだ。

村田君の巻きスピードを見ながら、慎重に電動の巻き上げスピードを調整するが、なかなかアタリがない。そして、ようやくアタリが出たと思ったら、コツコツで終わってしまいガックリ。

気を取り直して再開すると、しばらくしてアタリが出た。そのままで巻き続けると、タタンタタンと激しくたたかれ始めた。乗ったと思い巻き上げスピードを速くしたら、フッと軽くなってしまった……。

タイラバ釣行で70cm頭にマダイ好捕 電動より手巻きタックルが好適?真剣にタイラバを巻き続けるアングラーたち(提供:週刊つりニュース中部版APC・佐久間由郎)

次のページで何とか本命キャッチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。