船シロギス釣行:午後船でのんびりフィッシング【愛知県・片名漁港】

7月31日、愛知県・南知多町片名港おざき丸へキス狙いで乗船した。当日の午前中に急遽決めた釣行だったが、釣果はいかに?

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

実釣開始!

良型キスを手にしてニッコリ

最初に釣り上げたのはトモの少年で、良型キスを手にしてニッコリだ。私はというと、リリースサイズの小ダイはよく釣れるものの、本命キスからのコンタクトはない。

キャスティングで本命

すると、尾崎船長より「潮が動いていないので、少し遠くに投げてサビいてみてください」とのアドバイスがもらえて、ようやくヒットした。

しかし、投げ方に問題ありで、仕掛けがテンビンに絡んでしまうことも多々あった。そんなときは、やっぱり船長に聞くのが一番。「オモリが着水する際にブレーキをかけるといい」と教えてもらい、それが成功すると絡まなくなった。

その後も潮は動かず苦戦が続く。だがポツリ、ポツリと単発だが時折メゴチも顔を見せ、退屈しない程度に釣れた。

時合い突入!

キスが入れ食い状態だった

開始から1時間が経過したころ、サオ先に大きなアタリが出た。聞きアワせるとヒット。キスではない引きだ。

いったい何だろうと上げると、カレイらしき魚が上がってきた。船長に確認すると、タマガンゾウビラメとのこと。肉厚でとてもおいしそうだ。

残り1時間を切ったころ、潮が動き始めると同時にキスの活性が上がってきて、投げれば必ず本命がヒット。

こうなると楽し過ぎて時間の経過が恨めしい。できるだけ手早くエサを付けて投入を繰り返す。隣に釣りを構えていた少年はキスとメゴチを一荷(ダブル)でゲット。沖上がりの午後5時まで忙しく楽しい釣りとなった。

次ページで最終釣果発表!