レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入

琵琶湖の宝石と呼ばれ姿、食味とも美しいビワマスは初夏が最盛期。5月11日、本格シーズン突入を迎えたレイクトローリングによるビワマスゲームを取材した。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

ビワマスを釣る

午前5時すぎに出船。当日乗船したのは、滋賀県長浜市大浦にあるファイブオーシャンマリーナから出船しているダブハンド・F。メンバーは東海地区に展開する釣具店フィッシング遊の上野さんと伊藤さん、そのお知り合いの後藤さんと直井さんらだ。

出船後、30分ほど走って船は米原市の沖に到着。専用リグを装着したタックルが6セット用意され、船は南に向かってゆっくり前進しながらトローリングを開始した。

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入左右計6本のサオで迎え撃つ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

開始間もなく本命ヒット

開始後まもなく、タナ12mに設定されたロッドに立て続けにビワマスがヒット。ファーストフィッシュは30cm台と小柄だったが、3匹目は45cmアップの良型だ。

その後も船を流し続けるが、ヒットしてくるのは中小型が多く、なかなかサイズが出ない。そこで、少しポイントを移動。北湖の中央東側に位置する多景島周辺の有望ポイントに移動した。

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入ルアーに反応し急上昇するビワマス(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

移動的中でサイズアップ

直後、藤本キャプテンの目論見が見事的中。左舷側、上野さんのサオに今日一番の引きが来た。キャッチされたのは54.5cmの大物ビワマスだ。

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入上野さん当日の最大寸となる54.5cmをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

良型ビワマス連発

これが引き金となって、良型ビワマスの連発に突入した。入れ替わり立ち替わり、誰かのサオが引き込まれる。このタイミングで伊藤さん、後藤さん、直井さんと全員が45cmアップの良型をキャッチすることができた。

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入直井さんも50cmUPビワマスをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

当日のヒットレンジ

片舷に3本ずつ出されたサオは、それぞれ12m、15m、20mのタナ設定で、ビワマスの群れの鼻先を捉えるようになっている。当日は、このうち12と15mへのヒットが多かった。

レイクトローリングで50cm級ビワマス続々 本格シーズンに突入時合にはダブルヒットもしばしば(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

次のページはルアーローテで連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。