今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・片倉ダム】

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・片倉ダム】

千葉県君津市にある大型狙いの雄・片倉ダムで、いよいよ今シーズン開幕ののろしが上がった。5月26日に51cm超が上がったのを皮切りに、連日の尺半ショー。まだまだ釣れている範囲は限定的だが、今後順調に水温が上がれば、広範囲に魚が散って各所で大型の報が届くだろう。今週のヘラブナ推薦釣り場は、この片倉ダムを紹介する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース棚網久)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

片倉ダムの概況

5月26日、宮の下対岸で51.2cm3.2kg超の巨ベラを上げたのを皮切りに、同エリアで尺半超が数枚上がった。

これが今期スタートの合図かどうか定かではないが、いよいよ始まったなという感は強い。梅雨に入ると雨量次第でハタキもあり、それらがひと段落して梅雨明けすれば、安定した釣況に恵まれるのが例年のパターンだ。

ポイント

今後の降雨次第でポイントがどう移り変わるのか。例年の傾向なら小坪井沢などの上流部がフィーバーし、その後宮の下ダムサイト周辺、トンネル北などの中流域に移行するものと思われる。以下はレンタルボート笹川から免許不要のレンタルエレキで行ける範囲内のおもなポイント。

今週のヘラブナ推薦釣り場【千葉県・片倉ダム】概況図(作図:週刊へらニュース棚網久)

小坪井沢

水深5~6mからチャラ瀬までなだらかにカケアガる最上流部。過去には1人の釣り人が一日に50上を3枚釣った超実績ポイント。ソフトバンク以外携帯電波届かず。竿13~16尺。

黒滝

幻想的な立ち木群があり、そのアウトラインを狙うのが一般的。竿7~15尺。

星の広場

黒滝よりも密集していないが、いわゆる立ち木群。立ち木のアウトサイドに着舟して狙う。隠れオダも多く深いと根掛かりしやすい。竿13~18尺。

ヅウタ橋下流東岸(通称・宮の下対岸)…ドン深エリア。頭上に樹木がかぶさり、意外にも竿が立つポイントが少ない。やや凹んだワンド内のほうが流れの影響を受けにくい。今回の51.2cmはそのワンドのさらに南側の岬先端(左側が入り江の入口)。竿15~21尺。

親水公園下

大きなワンドを正面に見て、右側が片倉橋の手前まで、左側はさらに長く入り江入口の手前まで。隠れた流れ込みなどもあるので、音に注意しつつモジリなども見て着舟位置を決めよう。竿15~21尺。

少年自然の家対岸

中島岬のインコース側から下流に少し下るとなだらかに凹んだワンド場の地形になる。このどこかでモジリがあれば狙ってみたい。過去に53cm台と50cmが一日で釣れたこともある。竿13~18尺。

トンネル北

水中に隠れたトンネルがあり、その北側周辺。地形変化もあるのでモジリがあれば面白い。竿15~18尺。

中島岬上流右岸…岬突端から右岸沿いを上流に進むと、かつての道跡がありその周辺。モジリがあれば竿15~18尺で狙ってみたい。

次のページで片倉ダムの釣り方とエサを解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。