夏のイカメタル釣りに【スピニングタックルが好適な理由と効果的状況】

夏のイカメタル釣りに【スピニングタックルが好適な理由と効果的状況】

暖かい季節になるにつれ、ハイシーズンになるイカメタル。微かなアタリをとらえ、アワせるのは最高に気持ちいいです。イカメタルと言うと、ベイトタックルのイメージがありますが、スピニングタックルも有効的です。今回の記事では、イカメタルで使うスピニングタックルについて解説します。釣果を上げたい方は、参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

イカメタルにスピニングタックル

夏のイカメタルには、スピニングタックルを使う選択肢があります。ベイトタックルではとらえられないイカが釣れます。また、スピニングタックルはベイトタックルより、繊細なアクションが得意です。低活性な状況でも、釣果を叩き出すことができます。

スピニングタックルを使うメリット

イカメタルにスピニングタックルを使うメリットを紹介します。スピニングタックルのメリットを知れば、ベイトタックルとの使い分けもできるので、確認しておきましょう。

夏のイカメタル釣りに【スピニングタックルが好適な理由と効果的状況】スピニングタックル(提供:TSURINEWSライターあつ)

アクションがしやすい

スピニングタックルはアクションがしやすいです。ベイトタックルとは違い、余裕を持ってサオを握れます。しっかりと握れるので、繊細なアクションもしやすいです。特に、細かいアクションが有効的な場合に使えます。シェイクなどのアクションで釣れている時には、スピニングタックルがおすすめです。

キャストができる

スピニングタックルはキャストができます。ベイトタックルのブレーキシステムが搭載されていないからです。ライントラブルも少なく快適に扱えます。キャストができるので、真下ではなく、遠いポイントを狙うことが可能です。イカが広範囲に散らばっているときに使うといいでしょう。

フォールが早い

スピニングタックルは、フォールスピードが早いです。ベイトタックルのように、ブレーキの抵抗がありません。スムーズにラインが出ていってくれます。フォールスピードが早いと、底に素早く到達します。底にいるイカを、フォールのリアクションで狙うことが可能です。

スピニングが活躍する状況

イカメタルでスピニングタックルが活躍する場面を紹介します。周りとの差をつけるためにも、確認しておいてください。

浅いタナにイカがいるとき

浅いタナにイカがいるときは、スピニングタックルがおすすめです。鉛スッテやドロッパーを的確に動かせます。浅いタナにいる場合は、スピニングタックルを使い、しっかりとしたアクションで狙うのが効果的です。水深5~20mにイカがいるときは、積極的にスピニングタックルを使うようにしましょう。

真下のイカがスレてきたとき

真下にいるイカをずっと狙っていると、だんだんスレてきます。そんなときには、スピニングタックルを使い、キャストしてみましょう。キャストをすれば、真下にはいないフレッシュなイカを狙えます。釣れない時間帯の釣果を伸ばすことが可能です。

軽いウェイトが有効的なとき

軽いウエイトが有効的なときにも、スピニングタックルはおすすめです。軽いウェイトのルアーが動かしやすくなっています。しっかりとルアーをアピールしてイカを誘えます。軽いウエイトを好むイカは、スピニングタックルで狙ってみましょう。

次のページでスピニングタックルで差をつけよう!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。