ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?

ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?

年中イカが釣れるというイカの楽園、三重県。ボートエギング初挑戦の筆者が久勝丸に乗ってチャレンジしてきました!キロアップの良型アオリを交え連発もあった当日の釣りをリポートします。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

ソルトルアー エギング&イカメタル

ボートエギングとは

ボートエギングとは、その名の通りボートからエギングでアオリイカを釣る釣り。とはいえ深場を狙うティップランエギングとはちがい、浅場を陸っぱりと同じようにキャスティングで狙っていきます。

必要なエギ

船長に指定されたエギは、3~3.5号の足にパタパタがついたエギ。3.2秒で水深1m沈む設定のエギをチョイスしました。エギの沈下速度を確認しておくとレンジが測りやすいです。

ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?使用したエギ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

主な釣り方

釣り場についたら、船長から「何秒カウントして!」と指示があります。指示通りカウントしたら、大きく4回シャクって10秒間フリーフォールをします。これを繰り返し行っていきます。

ただし、船はドテラで流れているので、船に乗っている位置の左舷・右舷で釣り方が違います。

風上側の釣り方

風上側とはドテラ流しにおいて船が流れてラインが払い出していく側のこと(図参照)。この場合、ラインを止めておくと船が流れてラインが張った状態になっていきます。

そのため、指示通りカウントしたら、4回シャクって、ラインをフリーで出して水面に出したラインを置きます。そのラインが船が流されることで引っ張られて、ピンピンになったら、再度4回シャクって水面にラインを置いてフォールさせます。

ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?風上側の釣り(作図:TSURINEWSライター杉浦永)

風下側の釣り方

風下側とはドテラ流しにおいて、船が進んでいく方向のこと(図参照)。この場合、指示通りにカウントしたら、4回シャクって、10秒間フリーでフォールさせます。

船が進んでいくので、ラインは常に緩んでいく状態なので、風上側のようにラインを自身で出さなくても勝手にフリーフォールしてくれます。

ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?風下側の釣り(作図:TSURINEWSライター杉浦永)

お世話になった久勝丸

三重県紀北町から出船する久勝丸さんは、エギングやティップランがメインの乗合船です。出港時間は朝5時30分で、竿納めの14時半まで釣りができました!8時間釣りして、料金は10,000円です。

ボートエギング釣行で春アオリ4匹キャッチ フリーフォールが決め手?お世話になった久勝丸(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

久勝丸さんを乗った印象として、船長さんが凄い熱心。乗船者ひとりひとりに対して的確なアドバイス・レクチャーされていて「絶対にお客さんに釣らせたい!」という気持ちがめちゃくちゃ強い熱い釣船です!

船内も整備されていて、とても綺麗。タックルボックスなど置く場所も船長が決めてくれるので、足場もスッキリでした。

次のページでいよいよ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。