オフショアジギング釣行でクロムツに特大ウッカリカサゴをキャッチ

オフショアジギング釣行でクロムツに特大ウッカリカサゴをキャッチ

GWは、釣りを丸一日楽しんでやろうと和歌山県那智勝浦町の浦神へ。夜明けから晩まで船に揺られた結果は…。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター田中耕二)

田中耕二

釣って楽しく食べて美味しい魚を狙って東奔西走。たまに釣れる珍しいゲストも嬉しい。磯とオフショアフィールドから面白くて役に立つ情報をお届けします!

×閉じる

ソルトルアー オフショア

たいし丸でジギング釣行

昔からGWには通し釣りをする習慣があり、朝から晩まで釣りをするとクタクタでもう最後にしようと思うのだが、今年も行ってしまった。

ジギングで浦神を訪れたのは5月2日。船長には午前便は中深海で赤と黒を、午後便は根魚五目とリクエストをしておいた。たいし丸は、最初に予約した人が釣り物を決めるシステムを採用しており、非常にありがたい。

水深200mでクロムツ狙い

午前4時半、船長に挨拶して前日の様子をうかがう。波風が強くて日中は厳しかったようだが、夕方は高活性でクロムツのラッシュがあったそうだ。いい状況が続いていることを祈りながら5時に河岸払い。2022年GWの長~い一日が始まる。

当日の天気予報では、朝は西の弱風で昼からは強風になる見込み。私は左舷トモを釣り座にして、まずは水深200mラインを狙う。朝イチはモーニングサービスでクロムツが高活性のことが多く、初っ端がクライマックスとなることが多い。

3ozロッドに250gの赤金グローのジグを装着して第1投。海面のラインが取られるが難なくボトムが取れてワンピッチで様子をうかがう。最初は軽くてそれからジグの重みを感じることから二枚潮になっているようだが、想定内。イトふけを取って再度フォールしてボトムタッチ。

大きめのワンピッチに本命ヒット

ジグをボトムから上げ過ぎるとハチビキの餌食になるので、ピッチを刻んでクロムツを狙う。調子がいいと着底もしないのだが、この日は誰にもヒットした様子がない。渋い日なのかと不安に思った時に、右舷でヒットしたようだ。慎重に巻いているところから本命と思われる。

少し大きめのワンピッチだったので、真似てワンピッチでフォールを大きくしたところビタ止めのバイト。軽くアワセを入れて長いリーリングを経て30cm超のクロムツをゲット。活性がよかったのだろう、3流しで3匹のクロムツをゲットした。3流し目には右舷でアカムツが上がったが、私には赤の配当はなく黒のみ。

オフショアジギング釣行でクロムツに特大ウッカリカサゴをキャッチモーニングサービスでクロムツ(提供:TSURINEWSライター田中耕二)

午前便の釣果

アカムツも出たので、今日はいいかもと思ったが、その後沈黙。二枚潮が酷くなって500gでやっと着底できる程に…。昼前、二枚潮がマシになったタイミングで良型クロムツとアカムツが上がったが、私にはバイトのみでキャッチならず。

午前中の釣果は、クロムツ3匹とカガミダイ、エビ各1匹。まぁ撃沈って奴です……(笑)。久し振りに狙って釣れるほどアカムツは甘くなかったが、レアキャラのオオコシオリエビが嬉しい。

オフショアジギング釣行でクロムツに特大ウッカリカサゴをキャッチレアキャラのオオコシオリエビ(提供:TSURINEWSライター田中耕二)

次のページで午後便の釣りをリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。