開幕直後のイサキ釣りで30cm超続々 釣果に差が出るテーパー天秤とは?

開幕直後のイサキ釣りで30cm超続々 釣果に差が出るテーパー天秤とは?

釣趣、食味とも大変人気の高いイサキ。好調なときはビギナーでも数が釣れるが、食い渋ってくると途端に釣果に差が開く。ただし、特別な技術がなくても小さな注意点に気を付けて釣りをすれば応えてくれるのがこの魚。今回、フィールドで聞いた釣りの要点、仕掛けやタックルの工夫など、誰にでも可能な釣果を伸ばすコツを紹介する。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

イサキ釣りはタナが命

イサキはタナにはシビアな魚だ。テンビン吹き流し仕掛けで狙う一般的なイサキ釣りでは、指示ダナの範囲を正確に釣ることが求められる。

開幕直後のイサキ釣りで30cm超続々 釣果に差が出るテーパー天秤とは?正確なタナ合わせが大切(提供:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

タナを合わせるために気に掛けたいのが、巻いたイトの号数に合わせ、電動リールのカウンターを正しく設定すること。カウンターの設定が怪しい場合は、PEラインのマーカーで深度を勘定しよう。

イサキ釣りの仕掛け

イサキ釣りの仕掛けについて、特にハリスとテンビンについて見てみよう。

ハリス

ハリスの太さは一般的に2~3号が中心だが、晴天&澄潮時や、イサキの警戒心が強い場合は、1.5~1.75号の仕掛けが好適となる。

仕掛けの長さは、トラブル抑止を考えると短いほうが良いが、長い方が食いは良い。例えば、その海域の基本となる仕掛けの長さが2m程度なら、食い渋り用に2.2~2.5m程度のものも持参したい。

開幕直後のイサキ釣りで30cm超続々 釣果に差が出るテーパー天秤とは?癖が付いたりちぢれたら即交換を(提供:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

また、傷んだ仕掛けを使い続けるのも厳禁。ヨレの入ったハリスは屈曲している面が光を反射するので魚から見破られやすい。強度云々の前に劇的に食わなくなる。

テンビン

単に仕掛けとミチイトが絡むのを防ぐためのパーツと認識している釣り人も多いが、釣果に影響を与える見逃せない点がある。それは(1)カゴとともに潮流の抵抗を受ける要因であること、(2)テンビンのアームはサオの穂先の役目を果たすということだ。

無用に大きいまたはゴツいテンビンは潮の抵抗が大きく、仕掛けが流される距離が増え、その分オマツリのリスクやタナの誤差が大きくなる。

開幕直後のイサキ釣りで30cm超続々 釣果に差が出るテーパー天秤とは?釣種ごとに最適なタイプがある(提供:TSURINEWS編集部 五井貴矢)

また、アームはオモリからサオ先までの重心軸から横に飛び出しているため、オモリの重量の影響を受けず、海中で穂先の代役を果たす。アームに適度な柔軟性があれば食い込みが良くなり、その逆はアタリを弾きやすい。

次のページでまきエサと付けエサについて解説!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。