【2022年】おすすめアユ友釣り場:神奈川・酒匂川 様々な流れが特徴

【2022年】おすすめアユ友釣り場:神奈川・酒匂川 様々な流れが特徴

静岡県内では鮎沢川と呼ばれる酒匂川は、渓流相から里川まで様々な流れが楽しめる。その酒匂川の、アユの釣り場を紹介するので参考にしてほしい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

Avatar photo TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

狩川

狩川は、飯泉橋上流で酒匂川に合流する一大支流。ソ上の多い年には、川が真っ黒になるほどアユがいる。一方、コロガシ釣り中心の釣り場なので、トモ釣りでは根掛かりが多く釣りづらい。それでも、松田地区辺りはアユとヤマメの混成域となり流幅は狭いが、良型の数釣りが楽しめる。

前述したとおり同川は暴れ川であるため、大水後はアユが流されることもしばしばある。そのような時には、漁協による追加放流も実施されているので、魚影はシーズンを通して非常に濃い。昨年は水量が多く入川できない日が続いたが、今年は、そうでないことを祈りたい。

【2022年】おすすめアユ友釣り場:神奈川・酒匂川 様々な流れが特徴初期の釣果(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

<週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
酒匂川漁協
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年5月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。