芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上

芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上

解禁から1カ月が経過した神奈川県足柄下郡箱根町にある芦ノ湖。4月に入っても好調に釣れている。4月上旬から中旬の私の釣果を報告したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

芦ノ湖で良型トラウトを釣る

今年は水位は低いままで、例年と釣れるポイントが微妙に違う。それでも例年より大きめの魚を放流したのだろうか、70cm超級のニジマスや60cm超級のブラウントラウトが連発している。

芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上吉原窪の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

4月2日(土)は、元箱根のボート店から出舟し吉原窪を探る。開始から30分ほどでガツン、クネクネ。一気に間合いを詰めて、1分かからずランディング。恩賜公園側の浅場でマイクロゾンカーにヒットしたのは、59.5cmのニジマス。しかし、その後はアタリすらなし。一時、チビマスに遊んでもらったが、午後も厳しい状態が続く。夕方に50cmに少し足りないニジマスを釣って納竿し、釣果は5尾。

52cmブラックバス登場

9日(土)も元箱根から出舟。この日は、朝からバラシ2連発。1本目は係留用ロープに巻かれて、最後はプッツン。2本目はロープ下に潜られた末に爆走。最後は、沈んだボート下に逃げ込まれラインブレイク。

当日はいいところなく35~45cmを5尾のみ。そして、この日の主役はブラックバス。40cm前後を3尾釣った後、最後は52cmのグッドコンディション。ブラックサタデーの一日となった。

芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上ブラックバスをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

良型ブラウン&イワナ快引

翌10日(日)は湖尻から出舟。今もっとも釣れているキャンプ場前から早川水門に入ったが、陸っぱりもボートもずらりと並んだ超満員。移動もままならず、40cm前後のニジマスを4尾釣ったところで早々に退散。

そこで、樹木園を目指してハーリングを始めると、神宮で54.5cmのニジマス。そして、樹木園から九頭龍をウロウロしながらダウンショットゾンカーで探っていくと、仏ヶ崎で重量級のアタリ。

芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上カケアガリで出た63.5cmブラウン(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

姿を見せたのは、銀毛化した63.5cmのネイティブブラウン。さらに、九頭龍沖の水深18.5mの場所からは55cmのヒレピンのニッコウイワナ。ややスリムだが、紫色を帯びた魚袋がきれい。小~中型のニジマスもポツポツと釣れ、数・型ともにまずまずの釣果だった。

芦ノ湖ボートフライゲームで大型トラウト好打 今年最大75.5cmも浮上低層で出た55.5cmイワナ(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

次のページで75.5cmビッグワン浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。