シーズンハシリのイカメタル&オモリグ釣行 『大剣』級交え好スタート

シーズンハシリのイカメタル&オモリグ釣行 『大剣』級交え好スタート

シーズンハシリではあるが、大型のマイカが好調のきざし。イカメタル&オモリグで4月下旬に福井・おおい町の遊漁船の深夜便に乗船した。丁寧にヒットパターンを探し、数匹の大型のマイカを交え開幕の釣りを楽しめたのでリポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・山本智也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

深夜便でイカメタル

当日はほぼナギだったが、風波が時折少し出たりやんだりと、釣行時間中は、コンディションがコロコロ変わる夜だった。

午後9時すぎ出船。約40分の航行後、ポイントに到着。まだまだ夜は肌寒いが風がないのが救いか。ほとんど波風がないベタナギともいえるコンディション。船長がポイントを定め、投入のアナウンスがあり、スタートフィッシング。

毎回の私のイカメタルでのテーマとしているのは、集中力が高まっているスタートダッシュでできるだけ数を釣ること。その時にいかに早くその日のパターンを見極めることができるかであり、それが一日の釣果に響くと思われる。

開始直後から手応えあり

胴つき組、イカメタル組、各々が仕掛けを投入していく。船長から「ボトムから10m付近を探ってください」とアナウンス。イカが底に群れているのだろう。的確にボトムを丁寧に探るべく、プログレメタリカエンペラー20号でスタート。

リーダーはエステルイカメタルリーダー2.5号。枝スの仕掛けをセット。いったんメタルをボトムに着け、ラインスラックを取りボトムから10m以内をワンピッチで数回シャクり上げた後は、ゆっくりテンションフォール、片やスピードを入れたフリーフォールを交えたアクションを付けてみる。

1投目から怪しい動きがティップに出てフッキングに成功したが、回収中で外れてしまった。しかし次投もアタリがありヒット。その後も群れが通過するたびに、ぽつりぽつりとイカの顔を見ることはできた。

シーズンハシリのイカメタル&オモリグ釣行 『大剣』級交え好スタートこのサイズになると重要感もハンパなし(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本智也)

当日は船の集魚灯が点灯されても、ベイトとなる小魚がなかなか集まらない。潮のせいか。船下に食物連鎖のピラミッドが形成されないと、なかなかイカの数を重ねていくのは難しい。

丁寧にヒットパターンを探す

少ないアタリを確実に取るべく、またそのパターンを少しでも見出すためにも、メタル、浮きスッテの細かなカラーローテーション、枝スの長さ調整も面倒くさがらず、とにかく丁寧に行うことを心がけた。

何とか自分なりに見出せたこの日のパターンとしては、メタル、浮きスッテともに、黄赤系の色への反応が良かったこと。メタリカエンペラーでいえば完熟バナナというシーズン問わず実績の高い色だ。また、アクションとしては、ロッドを大きく縦にさばいてフォール後の10秒前後のステイにアタリが出ることが多かった。

シーズンハシリのイカメタル&オモリグ釣行 『大剣』級交え好スタート低活性時にはエサ巻きも有効(提供:週刊つりニュース中部版APC・山本智也)

また、終盤のヤリイカはさらに長めのステイ(放置ともいう)にアタった。「フォールでアピールし魅せる」となると、メタリカの真骨頂。独自形状のエンペラ部が水の抵抗を受けることで素材の割にフォールスピードは遅めで、かつイカが好むとされる水平姿勢をフォール時に保つので、イカにしっかりと存在を見せることができた。

次のページで当日の釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。