スイミングハタゲーム攻略:根魚狙いは新時代突入でより手軽に【解説】

夏のオフショアゲームは狙いもの多彩だが、浅場の岩礁帯で狙う根魚は、手軽でおいしい釣果もついてくる!今回はジグヘッドにワームをセットしたルアーをスイミングさせて狙うハタゲームを紹介する。解説はこの釣りに精通した橋本広基さん。ターゲットは、オオモンハタやアカハタなどの高級魚。シンプルなタックルと簡単なアクションで狙えるので、ぜひこの夏挑戦してみよう!

●三重県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

根魚の特徴と魅力

海面から上がってくるときのドキドキ感がたまらない。

ハタ類をスイミングで狙う際は、難しいアプローチは必要ない。投げて、巻いて底からルアーを泳がせるだけ。底をネチネチと丁寧に探るといったテクニカルなアプローチも必要なし。

メインターゲットとなるオオモンハタは50cmを超え、アカハタや青物をはじめ、時にはクエなどの超高級魚もヒットする。オフショアならではの、強烈な引き味にドラグは悲鳴を上げ、何が釣れるか分からないドキドキ感がたまらない。

時期とポイント

三重県南部ではアカハタも高確率!

私のホームグラウンドである三重県南部では、夏の訪れとともにシーズンインし、水温が低下する晩秋までロングランで楽しめる。

ポイントは、根魚狙いの定番である、水深10~30m付近のゴロタ石や岩礁帯のエリア。また、オオモンハタは回遊性が高く、小魚の集まる潮目なども狙い目だ。

広範囲を手返しよく探り、捕食に狂ったアグレッシブな個体を見つけよう。

次ページでタックル紹介!