海上釣り堀攻略 【仕掛け・エサ・釣り方をターゲット魚種ごとに解説】

海上釣り堀攻略 【仕掛け・エサ・釣り方をターゲット魚種ごとに解説】

マダイやシマアジ、ブリなどさまざまな高級魚を手軽に狙える海の釣り堀。魚が放流されているため堤防などに比べて釣りやすいのは確かですが、釣果アップにはちょっとしたコツが必要になります。この記事では基本的なタックル・仕掛けに加えて、魚種別・仕掛け別の釣り方のコツなど、ノウハウを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

海上釣り堀用のタックル

狙う魚の大小に合わせて細分化されたタックルを持参するのがベストですが、ルールとの兼ね合いや荷物が多くなるデメリットもあるので、ここではこれから始める人に向けて1セットだけ紹介します。

ロッド(竿)

ロッドは9ft(約2.7m)前後のシーバスロッドが汎用性が高いです。

硬さはあまり軟らか過ぎると青物が掛かったときに時間がかかりすぎ、硬過ぎるとラインにかかる負担が大きくなるため、ミディアムクラスがオススメです。

リール

リールはシマノで3000番、ダイワで2500番前後。ドラグ性能のいいものを使いたいところです。

ライン

ミチイトはナイロンラインかフロロカーボンラインの4号。PEラインなら2号ぐらいが適当な太さとなります。

底取り器

そしてもう1つ必ず用意したいのが底取り器。ゴム製の円盤で中心にハリを掛けるアイがある海上釣り堀独自のアイテムです。これは底付近を攻める釣り堀では、必須となります。

ウキ釣り

仕掛けはどういう釣り方をするのか、どの魚を狙うのかで変わります。今回は最もポピュラーなウキ釣りとミャク釣りの仕掛けを、釣り方とともに紹介します。

海上釣り堀攻略 【仕掛け・エサ・釣り方をターゲット魚種ごとに解説】海上釣り堀の仕掛け図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

ウキ釣りの仕掛け

メインターゲットのマダイやシマアジを狙う場合は、オモリ負荷1~2号の棒ウキにクッションゴム付きのオモリを介し、ハリス2号を1mほど。ハリは伊勢尼の9~10号程度を使います。青物狙いの場合は、ウキは投げサビキ用のオモリ負荷10号前後、ハリスは5~6号、ハリは伊勢尼12号前後に変更しましょう。

ウキ釣りの釣り方

ウキ釣りのキモはタナです。底取り器をハリに掛けて沈め、タナ取りをします。ウキが沈んだ分が底からの距離となり、ウキが沈まない場合はウキ下が深すぎるのでウキ止めの位置を調整しましょう。マダイ狙いではウキが完全に沈んで、水面下50cm~1mぐらいになるようにセットします。青物狙いの場合は少しタナが上の場合もあるので状況を見て調整しましょう。

朝一はマダイも青物も活性が上がるチャンスタイム。素早くタナ取りを行い、エサを付けて投入しましょう。タナがきっちり合っていれば、高確率でアタリが出るはずです。十分にウキが沈みきったところで大きくアワせます。どの魚を掛けたときでもいえますが、魚が突っ込んだときはサオを45度の角度で保ち、無理に巻かないことがコツです。マダイといえど無理に引っ張ればハリスが切れることも十分考えられます。

青物狙いの泳がせ釣り

青物には冷凍イワシ、カツオの切り身などのエサを使いますが、生きエサも非常に効果的です。生きエサを使うときは、ハリスの真ん中にオモリを1つ打ち、小魚の動きを制限して青物に食べやすくさせておくといいでしょう。例えばオモリ負荷10号のウキを使っている場合ハリス上のサルカンには5号のオモリ、ハリスの真ん中、もしくはハリ上30cmの位置に3号のガン玉を打ちます。これだけで食いが変わることが多いので、一度試してみて下さい。

青物とのやり取り

アワセはマダイやシマアジ同様、ウキが十分沈んで見えなくなってから。しっかり大きくアワせて青物の口にハリを掛けます。1つのイケスに他のお客さんと乗り合わせている場合、仕掛けを上げてもらってオマツリを防ぐため、青物が掛かった旨を知らせましょう。

海上釣り堀攻略 【仕掛け・エサ・釣り方をターゲット魚種ごとに解説】市販の仕掛けも充実している(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

やり取りは決して無理をせず、青物が走ってラインが出ても止めないことが重要です。ただ、ユルユルのドラグではいつまでたっても上がってこないので、手でラインを引っ張ってジリジリ出るぐらいに締めておけばファイトタイムを短縮できます。

ミャク釣り

活性が下がって食いが悪くなったときや魚によっては、ハリとイトだけのミャク釣り仕掛けが有効な場合があります。フリーフォールやトゥイッチを駆使して魚の本能を刺激し、リアクションバイトを狙いましょう。

フリーフォールのコツ

基本的に多くの魚が、落ちてくるものに興味を示します。そこでミチイトにテンションを掛けず、エサとハリの重みだけでエサを落とすフリーフォールが有効です。ただし、いつまでも落としていくと底のネットに引っ掛かってしまうので注意しましょう。そこで底取り器を使い、底まで落としたら、イトにマジックで印を付けておき、印の位置までイトが出たら回収すると良いです。

アタリはイトの動きで取り、クロダイの落とし込みと同じで、イトが止まったり横に走ったりすればアタリです。また、いきなりサオ先までひったくるようなアタリが出ることがあります。この釣り方はマダイやシマアジ、イシダイやハタ類などに効果的です。

リアクションバイトのコツ

青物に関していえば、リアクションでエサを食べさせるのが効果的です。青物狙いではラインは太くし、ハリも大きいほうが良いでしょう。

エサはカツオの切り身や小イカなどを使い、いったん印の位置まで落としたらルアーでいうトゥイッチングを行います。チョンチョンと誘い上げたら少しステイ。そのままスーッと落としてもいいですし、さらに誘い上げてもいいでしょう。

海上釣り堀攻略 【仕掛け・エサ・釣り方をターゲット魚種ごとに解説】小魚や切り身は塩で締める(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

目の前まできたエサの後ろからブリが浮上してパクリ、なんてことも多く興奮度満点の釣りです。さらに誘って食わせた感が満載なので、満足度も高いです。

そのためには激しい動きでエサが外れないように工夫したいところ。切り身エサは事前に塩で締めて固くしておき、縫い刺しにしてハリから外れないようにしておきます。青物だけでなくマダイやシマアジなども、この釣り方で食べることもあります。他の人がウキ釣りオンリーで釣れない時間帯のなか、フォールと誘いを駆使すれば釣果倍増も十分に望めます。

ダウンショット仕掛け

ダウンショット仕掛けでのミャク釣りもオススメです。オモリがあるため操作性がよく、ハリスがユラユラと動いてアピールするため魚の反応もいいです。また、生きエサを付けた泳がせ釣りも効果的になります。

ただし、ハリスが横に流れる仕掛けの特性上、混雑している釣り場の場合オマツリが増えることがあるので、ハリスの長さには注意しましょう。横の釣り人との間隔が十分に取れない場合は使用しないほうがいいでしょう。

次のページで海上釣り堀で使用するエサを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。