沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面

沖縄遠征最終日は、沖縄本島の本部町にある本部釣りイカダで五目釣り。結果はオジサンにガンゾウビラメ、ヤマトミズン、ダツ。本命のトカジャーやゴマアイゴは釣れなかったが、沖縄の海を満喫できた釣行をお届けしたい。

沖縄県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

沖縄のイカダで五目釣り

沖縄遠征最終日は、沖縄本島の本部町にある本部釣りイカダへ。渡久地港にある海屋から渡船が出ている。渡船料の3300円を支払い、午前8時30分の朝一便に乗り込んだ。

午後に帰りの飛行機だったので、正午までの短時間勝負だ。10分もかからないくらいで到着したイカダは、メインのイカダに小さなイカダが連結してあるような形で浮かんでいた。

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面イカダが連結(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

荷物を下ろしてイカダに乗り込むと、屋根付き個室トイレ完備、テーブル、イスも完備のきれいなイカダだった。他に3組の釣り人が乗ったが、それぞれバラバラに釣り座を決めた。

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面設備も十分(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

ご当地仕掛けでチャレンジ

この日はルアーロッド2本しか持っていなかったので、カゴ釣りとサビキ、胴つき仕掛けを用意した。まずは胴つきを落として水深を測る。

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面ご当地仕掛けを用意(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

ざっと17~18mといったところだったので、カゴ釣り仕掛けもそれにタナを合わせてスタート。コマセはオキアミブロックに現地のまきエサを配合。さしエサはオキアミと練りエサだ。

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面エサはオキアミと練りエサ(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

タナは仕掛けが底から2m上を漂うようにセットした。開始から2投目、仕掛けがナジんですぐにウキがものすごい勢いで海中へ消し込んだ。アワせたと同時に鋭い引きが伝わってきた。

オジサンの仲間が登場

だが、すぐにハリ外れ。その後同じタナで続けるが、なかなかアタリが出ない。タナを1m下げるとアタリ。上がってきたのはオジサンの仲間のようだ。

沖縄のイカダで五目釣り満喫 本命不発も南国の多彩なゲスト魚と対面1匹目はオジサンの仲間(提供:週刊つりニュース中部版APC・丸山敬太)

その次もアタリでガンゾウビラメ。タナを一気に底から3mに上げると、すぐにまた反応があった。上がってきたのはヤマトミズンという魚で、ニシンの仲間のようだった。

そんなこんなで帰りの時間が近づいてきたころ、10m先の水面で、何か魚がこぼれたまきエサを食べているのが見えた。カゴ釣り仕掛けをウキ下0mにして、ハリスだけで表層を流す。

次のページでオキアミにダツがヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。