波止メバリングで25cm頭にメバル連打 夕マヅメからの上げ潮にヒット

波止メバリングで25cm頭にメバル連打 夕マヅメからの上げ潮にヒット

福岡市の志賀島へメバリングに行ってきた。夕マヅメから上げ潮狙い、良型メバル25cmと好ファイトを楽しむことができた釣行をレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

志賀島でメバリング

1月中旬、夕マヅメから上げ潮狙いで福岡市の志賀島へ行くことにした。午後5時に自宅を出て夕日が沈む前に志賀島へ到着。玄界灘を見るとまだシケの影響で波が高い。予報ではこれから風が落ち、波が幾分落ちるだろうと釣りに来たが、まだ影響は強い。

そこで、博多湾側の弘漁港でマヅメ狙いをし、波が落ち着いたころに玄界灘側の赤灯台で釣りをしようとプランを立てた。

波止メバリングで25cm頭にメバル連打 夕マヅメからの上げ潮にヒット志賀島広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

弘漁港ではノーバイト

弘漁港のテトラ先端に歩いていると、先行者とすれ違う。お互いあいさつして、アジングだったらしいが、ウネリが強く釣りづらいことや型が小さかったことで帰るとのこと。「頑張ってください」と気持ち良いあいさつを受けて先端へ。やはり言われた通りウネリが強く釣りづらい。軽量のジグヘッドは流されて波にもまれる。

湾内側へもキャストし、メバルが飛びだすのを待つも、期待に反してノーバイト。ここは朝マヅメのアジングで通った場所だが、同じマヅメの夕方は不発に終わる。

赤灯台で20cm超えメバル

想定と違ったが、気を取り直して赤灯台へと移動。潮の上げ止まりの午後7時29分まで残り30分ほど。潮止まり直前の時合いを狙う。

タックルは、1.5gのジグヘッドにワームは海毛虫jrのチャートカラー。濁り潮にはチャートが強い。

波止メバリングで25cm頭にメバル連打 夕マヅメからの上げ潮にヒット当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

数投目、「コツン」とバイト!ティップがグーンと入る。横に走る手応えは20cm超え待望のメバル。

続いて違う方向にキャストしてゆっくりとリトリーブするとバイト!これもよく走る産卵後の20cm。

波止メバリングで25cm頭にメバル連打 夕マヅメからの上げ潮にヒット20cm超え待望のメバル(提供:週刊つりニュース西部版APC・鈴木泰也)

次のページで良型25cmをキャッチ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。