釣魚レシピ:チヌのライト昆布締め 〆時間は5~6時間でOK

釣魚レシピ:チヌのライト昆布締め 〆時間は5~6時間でOK

釣りが好き、そして釣魚グルメが好きすぎて「藤まる食堂」をオープンした店主による「チヌのライト昆布締め」レシピを紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

おすすめの食べ方

食べるタイミングとして。ライトな状態なら5~6時間後から。この時点でいい香りがし、少し飴色に変化している。昆布の味をしっかり馴染ませたい場合は、丸一日置いたほうがいい。

食べごろになったチヌは刺し身の要領で斜め切りにする。ワサビをのせていただくと食感、風味ともに最高。塩加減によっては刺し身じょう油を少し垂らしてもいい。

保存の目安

保存の目安は冷蔵室で10日ほど。日にちが経つにつれ、昆布の粘りが出てくるものの、魚の味は落ちない。ただし、ラップを開け閉めする際の雑菌の侵入に注意。特に夏場は「足が速い」ので、注意してほしい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。