【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入

三重県からオフショアルアーの最新釣果情報が入った。トンジギが数釣りシーズンに突入し、12kg頭にビンナガ多数ゲット。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:黒ちゃん丸)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

魚勘丸

三重県鳥羽市相差から出船している魚勘丸では、トンジギが本格化。いよいよ数釣りシーズン突入だ。29日はトリヤマ近くから流し始め、小トンサイズながらラッシュに突入。多い人でビンチョウ(ビンナガ)4匹キャッチだった。船中では小トン14匹、カツオ11kg1匹で満足の早上がりだった。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入トンジギラッシュ(提供:魚勘丸)
▼この釣り船について
魚勘丸
出船場所:鳥羽市・相差

KAIEIMARU

三重県鳥羽市菅島のKAIEIMARU(赤崎岸壁出船)では、2日近海ジギングで出船。この日は青物は高活性で、ブリを筆頭に爆食い!結果釣果はブリ、ケンカブリ、ワラサ~大ハマチ、サワラ、シーバスなど合わせて40匹以上の大爆釣となった。鳥羽沖の青物はまだまだ全開中。ぜひ挑戦を。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入青物爆食い(提供:KAIEIMARU)
▼この釣り船について
海栄丸(KAIEIMARU)
出船場所:赤崎港

丸安丸

三重県鳥羽市小浜港から出船しているタイラバ船、丸安丸では1日中川さんら4人の乗合で出船。食いが激渋ながら、良型筆頭にマダイは船中8匹が上がった。他にグッドサイズのマゴチやホウボウなども顔見せ。2月は例年このエリアで大型マダイが出る季節。鳥羽沖のマダイは乗っ込みに向け、良型期待大だ。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入マダイほか好土産(提供:丸安丸)
▼この釣り船について
丸安丸

エヌテックマリン

三重県・紀北町引本浦のエヌテックマリンでは半夜便のメタルスッテ、アジングが絶好調だ。メタルスッテではアカイカ(ケンサキイカ)に大型スルメイカ、アジングでは良型のアジが釣れている。他に日中ではアオリイカの良型が狙いめ。キロアップが射程圏内だ。さらにカワハギも絶好調キープ中。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入イカ釣り絶好調(提供:エヌテックマリン)
▼この釣り船について
エヌテックマリン

フィッシング光栄

三重県・紀北町紀伊長島三浦から出船しているフィッシング光栄では、まだまだシロアマダイが好調。幻の感が薄れつつあるが、超のつく高級魚には変わりはない。30日は西川さんらがレンタルボートで46cmまでを3匹。3匹ともほぼ同サイズの良型ぞろいだった。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入良型ぞろいでキャッチ(提供:フィッシング光栄)
▼この釣り船について
フィッシング光栄

釣船屋たにぐち

三重県・南伊勢町宿浦から出船している釣船屋たにぐちでは、30日トンジギで出船。ポイントである志摩沖に大規模な群れが入ったようで、数釣りが有望になってきた。この日は朝一に12kgの良型を仕留めたものの、その後沈黙。それでも後半トリプルヒットがあり、12kgまでを4匹の釣果だった。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入12kg頭にゲット(提供:釣船屋たにぐち)
▼この釣り船について
渡船屋たにぐち

黒ちゃん丸

三重県・南伊勢町の中津浜から出船している黒ちゃん丸では、29日トンジギ便で出船。2人でビンチョウ(ビンナガ)2匹をキャッチした。黒潮が適度に離れてベストコンディションになってきた志摩沖、トンジギの数釣りシーズンも始まっており、これからが本番だ。

【三重】沖のルアーの最新釣果 トンボジギング数釣りシーズンに突入トンジギ数釣りシーズン開幕(提供:黒ちゃん丸)
▼この釣り船について
黒ちゃん丸
出船場所:中津浜浦

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年2月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。