桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラ

桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラ

愛知県・南知多町の豊浜釣り桟橋でサビキ釣りにてマイワシを狙った。夜明けとともに群れが接岸し、一時は重連の入れ食いとなり、爆釣した当日の模様をリポートする。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海釣り公園

豊浜釣り桟橋でイワシ釣り

2022年の初釣りとなった1月3日、場所の確保をするため自宅を午前2時に出発、4時に豊浜釣り桟橋に到着した。到着した時点ですでに70%くらい場所が確保されていたが、空きスペースを探して目印のクーラーボックスと道具箱を置き、自車に戻って暖を取る。

前回の釣行で一番冷えたのは足のつま先。厚めの靴下+長靴をはいていたが、つま先の神経が鈍くなり、体のバランスが取りにくくて転びそうになったり、素早い歩行ができなかった。今回は温熱効果のある靴下を着用。足も十分に防寒する必要があると思う。

桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

また、前回はコマセが溶けずシャーベット状態で十分に使用できなかったので、今回は自宅で溶かして持参した。パッケージに包まれたアミエビブロックは、ぬるま湯に入れて溶かすことができるのでお勧めだ。

夜明けとともにマイワシ接岸

午前6時、紺色の空に変わり夜が明けてきた。このタイミングでアミエビを投入するが、魚が集まる気配はなく、そのまま底に沈んでいった。潮の流れは穏やかだ。

午前6時30分、隣の釣り人のサビキ仕掛けに魚が掛かった。確認するとマイワシだ。それまで間隔を開けてアミエビをまいていたが、マイワシ到来のサインととらえて表層にまく。すると表層付近で沈んでいくアミエビに魚が群がるのが見えた。いよいよマイワシの活性が上がってきたようだ。

桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラ釣り桟橋は大賑わい(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

サビキ仕掛けをアミエビが漂っている煙幕の中にステイさせて待つと、マイワシがアタックしてくる。目で確認できるのでワクワクして面白い。特に表層から2mくらいまでにいるようで掛かるのは上バリが多かった。

入れ食いタイムスタート

最初の投入でいきなり3匹掛かり、途中で1匹外れて2匹ゲット。バラシながらも手返し良く釣ることで順調に釣果を伸ばす。妻も1投目でいきなりマイワシの束釣りを経験し、「わぁすごいね、入れ食いだね!」と、とても喜んでいた。

桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラ入れ食いに笑顔があふれる(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

マイワシが同時に多数掛かると、食い上げてきてサビキ仕掛けが絡むため、妻には追い食いさせずすぐに取り込むようアドバイスしていたが、「ダメ!一度にたくさん掛かってくるから1匹だけは無理!」とうれしい悲鳴を上げている。

重連続き大爆釣

妻が魚の取り込みに苦戦している状況を見かねて、自分のサオを置きザオにして妻をサポートする。前回はサッパが3割くらい交じっていたが、今回は全てマイワシ。この爆釣タイムは午前6時40分に始まり、7時30分まで続いた。

桟橋サビキ釣りでマイワシ爆釣 多点掛け連発で100匹超え釣果はザラ初釣り大成功(提供:週刊つりニュース中部版APC・石川友久)

釣り桟橋では、どの場所でもマイワシが釣れていた。爆釣時はアミエビをまかなくてもハリ掛かりする。マイワシは表層にまかれたアミエビを捕食しているので、効率良く釣るためにはアミエビをまいた方が有効だ。

午前7時30分を過ぎると食いが落ち始めてムラが出てきたため、7時45分くらいに納竿。ごみの回収および道具を洗い、後ろで待っていた人に場所を譲って引き上げた。

次のページで最終釣果発表&イワシ料理!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。