フロートリグでの陸っぱりライトゲーム堪能 アジにセイゴが連発

フロートリグでの陸っぱりライトゲーム堪能 アジにセイゴが連発

1月2日、熊本県天草市鬼池に夜釣りに出かけた。フロートリグの遠投で沖のアジ&セイゴを連発した釣りの模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

鬼池でフロートゲーム

1月2日、釣友の末松さんと午後6時から熊本県天草市鬼池に釣行した。釣り場に到着後、末松さんの仕掛けを作ってあげたら釣り方を教える。

「まずは遠投して着水したら2秒に1回ハンドルを回して、3回ハンドルを回したらサオ先で飛ばしウキの重さを感じるくらいでいいので、チョンチョンと飛ばしウキを動かす感じでアクションさせて、また2秒に1回ハンドルを回して下さい。

アタリは明確でサオ先にでたり、いきなりロッドを引ったくるアタリがでるので、その時に大アワセじゃなくて手首を返すだけでフッキングします。あとはゆっくり巻いてくるだけです」。

フロートリグでの陸っぱりライトゲーム堪能 アジにセイゴが連発釣り場広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

アタリ明確で難なくセイゴ

「飛ぶね~思った以上に飛ぶね~」「たぶん本気で投げれば70mは飛ぶんじゃないですかね?70m沖の魚も釣れるってことです。70m沖の魚も、まさか0.6gのジグヘッドが飛んでくるとは思ってないでしょうし、これだけの距離があれば警戒心もないでしょうね」

「あ、アタった!」「分かるでしょ?アタリ、明確に」「うん、めちゃくちゃ分かる。あ、きた!」「きました?セイゴかな?」

末松さんにアタってきたのはセイゴ、だがまずはアタリからの魚を掛けてやり取りの練習。アタリが明確すぎるから大アワセしてしまう人も少なからずいるので、そこは落ち着いて手首を返すだけでOK。

ドリフトで小さなアタリ攻略

次を狙うものの、食いが渋いのかアタリが小さい。「ん~ジグヘッドじゃなくて、たぶんマスバリの方が釣れるな~」

分かってはいたが、アタってきているのはセイゴ、アジはその下にいると確信し末松さんには続投してもらい、私はアタリの主の確認。

ロッドをニアリッド76TP-Lに変更し、リールもエアノス2500、PEライン0.4号、リーダー2号、ルアーはメバル用のシンキングペンシルに変更。

流れに乗せてドリフトさせると「ジャバッ」「ほらな」上がってきたのは25cmほどのセイゴ。「末松さん、さっきのアタリの主は全部セイゴですよ、群れでいます」。

次のページでアジとセイゴが連発!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。