三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に

三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に

12月19日に三河湾釣り大会~のんびりハゼ釣り~が開催されました。第10回目を迎える三河湾釣り大会に三河湾釣り大使の哀川翔さんも参加で大盛況。冬の大型ハゼを狙った大会の模様をリポートします。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター杉浦永)

Haruka_Sugiura

普段はボートからのベイフィッシングゲームがメインで、愛知県の衣浦港・衣浦マリーナから20フィートほどの湾内専用ボートで出船しています。シーバス・クロダイ・ロックフィッシュなど魚種を問わず、シーズナルゲームを楽しみながら、狙える魚は全て狙うスタンス。釣りの以外にも旅行を趣味として、歴史を学ぶのが好きです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

三河湾釣り大会

三河湾釣り大会は、2010年に第1回が開催され、今回で10回目を迎える釣り大会です。

参加者全員で釣り場のゴミ拾い、草取りなど、清掃をして釣り場をキレイにしてから釣り大会をはじめます。

これは、主催者の一人が矢作川河川敷で釣りをしていたところ、釣り場が凄く汚く、マナーが悪い釣り人がいることに気づき、釣り場の清掃をすることを目的とした釣り大会を開催したのが発端だからです。

同年、三河湾クリーンプロジェクトを立ち上げ、大村愛知県知事より、ラブあいちサポーター三河湾釣り大使に任命された哀川翔さんも毎回参加してくれ「三河の海、川、海岸をきれいに!」をスローガンに、参加者全員で清掃活動をしてから、きれいになった会場で釣りをする大会を行っています。

今回の大会で狙う魚種

今までの大会はキス、ハゼ、シーバス大会もありましたが、今回はハゼ狙い!

三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に今回のターゲットはハゼ(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

哀川翔さんも参加

ちなみに三河湾釣り大使の哀川翔さんは、小さな川のハエ釣りから渓流釣り、キス、ハゼ、マダイ、アマダイ、アジ、ヒラメ、イサキ、ブリ、カジキ、マグロのトローリングまで、とにかく釣り好きで、幅広くいろんな釣りをされるそうです。

今回のハゼ釣りでも2~3回投げると仕掛けをかえてみたり、探り方をかえてみたりとチャレンジを繰り返しながら釣りをしておられました。そして、粘り強く、最後の最後、1分1秒まであきらめずに全力で釣りをされている姿が印象的でした。

当日の状況

当日の状況としては、天気は晴れていたのですが、風は西風が8mほど吹いており、参加者の大半が風裏を狙っての釣行になりました。

受付開始

三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に会場にはキッチンカーも3台ほど出店(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

朝8時から西尾市の「かとう製菓」さんの東側にて受付が開始され、続々と参加者の方たちがエントリーしてくれていました。参加費は1000円/人で、その際に抽選券も同時に配ってもらえます。

開会式・ゴミ拾い

三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に開会式の様子(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

9時から開会式が行われます。愛知県知事の大村氏や俳優の哀川翔さんが開会式のあいさつをされて、大会スタート前には参加者全員でゴミ拾いをしてからスタートとなります。

三河湾ハゼ釣り大会で最大34.5cm登場 哀川翔さんも参加で大盛況に釣りの前に清掃活動(提供:TSURINEWSライター杉浦永)

次のページでいよいよハゼ釣りスタート!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。