オフショアジギングでブリ1匹にワラサ6匹手中 水温低下で今後にも期待

オフショアジギングでブリ1匹にワラサ6匹手中 水温低下で今後にも期待

三重県鳥羽市本浦のルアー船に、ブリ狙いのジギングに出かけた。当日は時合いの時間が長く、最終釣果はブリ1匹、ワラサ6匹と十分楽しめた。激熱の当日の模様をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

鳥羽沖でブリジギング

12月11日に釣友2人と三重県鳥羽市本浦のルアー船に、ブリ狙いのジギングに出かけた。

午前6時すぎに現地に到着し、タックルの準備に取りかかる。ベイトタックルはショートジグをチョイスし、150gのTGベイトを選択。スピニングは190gのロングジグを選択した。

最初のポイントは湾内と沖の境界辺りでスタート。まずはベイトタックルを選択し、ジグをキャストする。サミングしながら着底後、ただ巻き2~3回後にワンピッチで20mほどシャクり上げる。

数回流すもなかなかアタリが出ない。30分ほど粘った後、沖の水深80~90mのポイントに移動した。船長からベイト反応も良くチャンスとのアナウンスあり。高まる気持ちを落ち着かせて、ワンピッチに集中する。

丸々と太ったワラサキャッチ

するとただ巻き後にワンピッチすると、ゴツンとしたアタリ。隣の釣友の安部さんにヒットと伝えようとすると、なんと安部さんも同時ヒットだ。

最初の1匹目ということで、ラインがオマツリしないよう安部さんとは距離を取り、慎重に巻き上げる。徐々に魚が見えてくると、丸々と太ったワラサだ。

オフショアジギングでブリ1匹にワラサ6匹手中 水温低下で今後にも期待ワラサキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤新治)

同船者もポツポツとヒットさせていることから、朝の時合いを逃さないよう魚を素早く絞め、早々にジグをキャストする。

移動し強烈な反応

するとまたも同じように、ワンピッチのフォールでアタリ。今度はグイグイと巻き上げると2匹目のワラサだ。その後、ワラサを1匹追加するが、徐々に魚の活性が低下。沖のポイントを転々とし、時合いは終了したと思われたが、再びポイントを移動すると船長から強烈な反応というアナウンスあり。

ジグを素早く投入すると着底ヒット。しかも同船者全員同時ヒットだ。船中はお祭り状態だが、私は残り20mで痛恨のラインブレイク。

次のページで待望の本命ブリ浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。