波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブル

波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブル

ヘチ釣り、落とし込み釣り、前打ち釣りに使うエサとして、以前の投稿では岩カニをとり上げたが、今回は春~盛夏に威力を発揮するパイプ虫とイ貝を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

パイプ虫とは

学名はカンザシゴカイ。石灰質を分泌して白色の細い管を作り、オレンジ色のゴカイ本体が中に生息している。細い管が群生し、大きな塊となって岸壁や防波堤の壁面に着生する。関西では春先から梅雨前ぐらいの間にチヌ(クロダイ)に有効なエサとなっている。毎年安定して着生するとは限らず、着生箇所も局地的な傾向がある。

波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブルパイプ虫(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

イ貝とは

釣りエサとされるイ貝は、正確にはムラサキイガイで、在来種のイ貝とは別種。西洋料理の食材として有名なムール貝のことである。米粒大から指の関節1つ分ぐらいまでの大きさに成長し、貝同士は繊維で絡み合ってつながり、薄く広く、あるいは大きな塊となって、岸壁や防波堤の壁面に着生している。毎年4月頃から稚貝の着生が始まり、梅雨明けから剥がれ落ち始める。

波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブルイ貝(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

対象魚

メインターゲットはなんといってもチヌ(クロダイ)。

波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブルサンバソウとチヌ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

ほかにカンダイ(コブダイ)、サンバソウなども釣れる。

波止釣り『エサ図鑑』:パイプ虫&イ貝 現地調達可能でリーズナブルカンダイも実績あり(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

次のページで入手方法を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。