陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】

水温の上昇とともに、伊勢湾奥も活気づいてきた。根魚やメバルも安定傾向だ。そこで、3日間連続で釣行してきたのでレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

霞ケ浦ふ頭でライトゲーム

水温の上昇とともに、伊勢湾奥も活気づいてきた。水面にはハクと呼ばれるボラの稚魚が群れをなし、それを追うシーバスが盛んにライズを繰り返す。また、根魚やメバルも安定傾向だ。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】おびただしい数のハク(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

5月中旬の夜、ライトタックルを携えて三重県四日市市の四日市港に出かけた。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

セイゴクラス連発

霞ヶ浦ふ頭に到着したのは午後7時半ごろ。まずはふ頭でカサゴを狙う。岸壁際スレスレにジグヘッドをフォールさせるとアタリが連発。やや小ぶりながら、早々のツ抜けとなった。

少し移動し、次はシーバスに狙いを絞る。水面にはハクの群れ。そして、常夜灯周りではセイゴらしいライズも確認できる。まずはレッドペッパー・ナノをキャストし、ドッグウォークで誘うが反応はない。

そこで引き波を立てて表層をタダ巻きすると、早速25cm級が水面を割った。今ひとつ面白みには欠けるが、このような場面では効果的なパターンだ。

とはいえ、バイトが出るのは数投に1回程度。ミスバイトも多く、思うように数が伸ばせない。

という訳で1gのジグヘッドに変更。ハクの群れの下にストレートワームを通すと一発で食ってきた。明かりのおかげでバイトも丸見え。ここから25~30cmのセイゴが連発するが、それ以上のサイズは姿を見せない。

40cmオーバーのシーバス浮上

そこで明かりの途切れる辺りを狙ってみると、いきなりサオ先が絞り込まれた。メバル用のULタックルなのでスリル満点。上がってきたのは40cm級だが、水温が高くなったこともあって冬とはケタ違いに引きが強い。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】初日最大のシーバスは40cmオーバー(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

その後、40~45cmを2匹追加したところでメバル狙いに切り替える。

メバルは安定の釣果

係留船の際にキャストし、水面直下をスローに探ると居食いのようなバイト。重みを感じたところでスイープにアワセを決める。15cm前後とやや小ぶりだが、繊細なメバル釣りはサイズに関係なく面白い。ここから5匹ほど追加し、午後10時すぎに終了とした。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】メバルは小ぶりながら安定の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

2日目は根魚狙い良型カサゴ

これに気を良くして翌14日も釣行したが、この日のセイゴはご機嫌斜め。下げ潮が効き始めた午後8時半ごろに45cm級をキャッチしたが、反応は今ひとつだ。

相変わらず水面にはおびただしい数のハク。群れに同化させるのではなく、群れから離脱した魚を演出しながら、絶妙なトレースラインとレンジを模索していく。これで数匹のセイゴを追加したが、数も型も今ひとつだ。

早々に見切り、次は根魚狙い。シャローのブロック際にワームを通すと、いきなり20cm超えの良型カサゴがヒットしてきた。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】カサゴは20cm超級(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

その後もメバルやムラソイに遊んでもらい、9時半の終了となった。

陸っぱりライトゲーム満喫 シーバス・メバルにキジハタも【霞ケ浦ふ頭】ムラソイもヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページではノベザオで楽しんだ3日目の模様をお届け

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。