『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調

福井県・越前町の鷹巣和布(めら)港から出船するみの浦丸の朝便(仕立船)で、鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑んだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

みの浦丸で乗っ込みマダイ狙い

5月8日、早朝に兄貴と現地に向かった。午前4時30分ごろに到着すると、大勢のアングラーでにぎわっている。やがて釣友の中嶋さんが笑顔で到着。船長を含む全員がマスク着用で、釣り道具を積み込んで出船。

この日は兄貴と中嶋さんはサオ、電動リールのレンタルを利用した。ポイントに着くまでの間、完全フカセ釣りの要領をバッチリ伝えておく。

好条件に期待高まる

午前5時、和布港から各僚船がポイントを目指して出船。当日は波風ともに穏やかな釣り日和。これで潮が動いていれば、マダイ爆釣も夢ではない。航程20分ほどで到着。船長はゆっくり旋回しながら、水深60m付近にアンカーを落とした。

潮の流れと風向きは一致して、条件は悪くない。私は右舷トモ、中嶋さんが左舷トモに座り、兄貴は潮の流れを見て左舷ミヨシからサオを出す準備する。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

この日の仕掛けは、ハリス6号8m、2本バリに統一だ。「はい、いいですよ」と船長の声で釣りスタート。船上からマキエをパラパラとまき、発砲ウキ7号を付けて投入。いよいよ鷹巣沖の乗っ込みマダイとガチンコ勝負だ。

1投目から50cm良型登場

この日の潮流は申し分ない流れ。スプールからほど良くラインが出る。船長から「150mで仕掛けを回収してください」と指示が出る。

私の1投目、136m付近でラインが飛び出した。電動アラーム音と同時にクラッチが入った。「おっ、きたぁ~」と大声を発して、中嶋さんにカウンターの数値を伝えた。ここで慌てずサオがたたかれるまで待つと、数秒後にサオがたたかれ大きくアワセを入れた。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調ファイト中のヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

すると確かな生命反応が伝わり、サオが強くたたかれる。ここで電動のスイッチをオン。さらにサオが強くたたかれる。やがて船下から良型マダイが浮上してきた。私が手繰り寄せ、船長が差し出すネットに50cm前後の良型マダイが無事収まった。

同船者も良型マダイ安打

さらにヒットは続き、ダブルを含めて良型マダイを仕留める。中嶋さんと兄貴は速潮に苦戦が続くが、2人同時のダブルヒットでサオが曲がる。船長の好アシストで、2人とも腹パン良型マダイを仕留め満面の笑顔だ。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調良型マダイをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

だが8時を過ぎたころからさらに上潮が速くなり、アタリが途絶えてさしエサが残るようになった。全員回収の連続で、静かな時間だけが過ぎる。まきエサと同調してないのか……。ここから発泡ウキを外したりと、試行錯誤が続く。

ヒットレンジ判明で本命連打

そんななかで兄貴が175m付近まで仕掛けを流して回収すると、さしエサが残っていた。それを見て全員が200mまで流した。すると兄貴から「きたぞ」と弾んだ声。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調釣友にも大型マダイヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

195m付近できたようだ。さらに中嶋さんも「俺にもきたぞ」とうれしい声。ヒットする数値が分かればこっちのものだ。お互い230mまで流すと、200m前後でラインが飛び出し良型マダイが連発した。

次のページは当日の釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。