『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調

福井県・越前町の鷹巣和布(めら)港から出船するみの浦丸の朝便(仕立船)で、鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑んだ。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

良型多数で大満足

そんななかで沖上がりが告げられ、後ろ髪引かれる思いで帰港した。帰港後に釣果を確認すると、マダイ36~65cm19匹、ワラサ1匹だった。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調ワラサも出てにんまり(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

日本海屈指のマダイの宝庫である鷹巣沖もまだまだ狙いめだが、6月16日には玄達瀬が解禁となる。完全フカセで狙う玄達瀬のヒラマサからも目が離せない。

『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調当日の3人分の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

<週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:みの浦丸
『完全フカセ』釣りで鷹巣沖の乗っ込みマダイに挑戦 数・型ともに好調
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。