シーバスゲームで50cm超え頭に連打 「アンチマッチザベイト」で攻略?

シーバスゲームで50cm超え頭に連打 「アンチマッチザベイト」で攻略?

実績も人気も高い千葉県のメジャーフィールド養老川へ11月29日にナイトシーバスゲームで釣行して来たので、その様子をレポートしたい。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

宮坂剛志

ボート、ウェーディングなしの100%陸っぱりアングラー!陸っぱりからのシーバスフィッシングの楽しさを追求して行きます!

×閉じる

ソルトルアー ショア

アンチマッチザベイトが成功

そこで小型(5g)のバイブレーションを投入!速巻きでボトム(底)付近を探ると、いきなりセイゴがヒットし、今までとは違う反応が出だした。続けてセイゴと思われるアタリがあるものの乗らない。

シーバスゲームで50cm超え頭に連打 「アンチマッチザベイト」で攻略?セイゴが好反応(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

2匹目のセイゴを釣ったところでとうとう見切られてしまったのか、アタリが止まった。こんな時は少し釣り方を変えて、より目立たせるようにリフト&フォールで誘ってみるのも有効だ。

すると、再びアタリが出だした。何度かセイゴらしきアタリがあった後、明らかにセイゴとは違うアタリがフォール中に来た。グイグイと力強い引きで上がったのは、50㎝を超えるシーバスだ。

マッチザベイトとは真逆のルアーセレクトで、見事シーバスをゲット出来た瞬間だった。数こそセイゴ級が多かったが、良型も読み通りに手にすることが出来て、それが何より嬉しい。

アングラーも柔軟な考えを持つ

途中、ベイトがルアーに引っ掛かってきたが、これが15㎝以上のイナッコだった。これがメインベイトだとすると、やはり有効なのは大きなルアーなのかもしれない。

シーバスゲームで50cm超え頭に連打 「アンチマッチザベイト」で攻略?柔軟に対応しよう(提供:TSURINEWSライター宮坂剛志)

最近はビッグベイトルアーが人気だが、全てのシーバスが大型のベイトを食べてるわけではないし、大きなルアーを使ったからといって、良型のシーバスが掛かるわけでもない。むしろ、食べやすい(10cm前後)イナッコをメインベイトにしているかもしれないし、ボトム(底)ではカニを食べているかもしれない。

そうやって、ゲームプランや作戦を立てるのもシーバスゲームの楽しみの一つではないだろうか?時にはセオリーを忘れて、アングラー自身が柔軟な考えでシーバスに挑むと良いだろう。

<宮坂剛志/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
養老川

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。