ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能

和歌山の紀北エリアへキス釣行。初島漁港は空振りに終わったが、移動した有田川右岸で良型の入れ食いが堪能できたので、その模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

投点をかえサイズアップ

サイズアップを狙って右斜め50m沖に投入し、ゆっくりと引き釣りをするとブルブルと強いキスのアタリ。追い食いを狙ってそのままゆっくりと誘いをかけると、またブルブルとアタリがあり、15cmのキスをダブルでキャッチ。

次投も、同じポイントを狙うと、ブルブルグィッと、いいアタリがあり、巻きアワセで寄せてくると、グングンといい引きが伝わる。これは良型かと思ったが、18cmくらのダブルだった。上げ潮になり、海水温度も日差しで上がってきたので、沖合いにいた良型キスの群れが、エサを求めて浅場に接岸してきたようだ。

また、同じポイントを狙うと、グィーッとサオ先を引ったくられ、イトを送るとスーツと持っていく。ライトタックルなので、強烈なアタリが楽しい。動きが止まってから巻きアワセで寄せにかかり、グングンといい引きを味わいながら、20cmの良型キスをキャッチ。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能右側を狙いサイズアップ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

風と波で警戒心薄れ連発

北風が背後から吹いていて、沖合いが波立ってきた。風と波が出てきたので、キスの警戒心が薄れたのか、どんどんキスが手前に寄ってきている。20m沖合いでグィーッと強烈なアタリがあり、寄せにかかるとこれは重く、グィグィと強い引きが伝わる。これは大型キスかと思ったが20cmクラスのキスのダブルだ。これはこれで、ウハウハ気分だ。

あれほど釣れていたピンギスが姿を消し全く釣れなくなった。沖合いに投入して、しばらく寄せてきたがアタリがなく、空バリでエサをかえようと思っていたら、10m沖で突然グィーッと不意にサオ先を引ったくる強烈なアタリがきてビックリした。イトを送ると、スーツと持っていく。動きが止まってから巻きにかかると、これまた重くグィグィといい引きだ。登場したのは本日最長寸の22cmだった。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能ビッグワン登場(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

右側のテトラ側をタイトに狙って引いていると、またグィーッと強烈なアタリがあり、寄せにかかるとこれは重く重量感があり、ゴンゴンと暴れているのが伝わる。期待しながらキャッチしたのが、20cmオーバーのキスのダブルだ。

さらに、サオ下でも強烈なアタリがあり、20cmクラスが釣れた。ハリを丸飲みしているので活性は高い。それも、ちょい投げで良型キスが入れ食いになっているので、お祭り気分だ。

最終釣果

しかし、近くのテトラで、ルアーマンがルアーを投げ始めた。これにはキスが散ってしまい、キスが釣れなくなった。十分キスの引きを堪能できたので、午後3時に納竿とした。

釣果は、7~22cmのキスを25匹キープした。今後、有田川尻のキス狙いは、海水温が下がってくると厳しくなるが、4月ごろになれば、早場キスが釣れ始めるだろう。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能早場キスは4月くらいから狙える(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

<谷口墨人/TSURINEWSライター>

▼この釣り場について
有田川河口

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。