イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産に

イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産に

三重県・南伊勢町迫間浦の日乃出屋にイカダエギング釣行。狙ったキロ超は不発に終わったが、700gを頭に6匹の釣果を得ることができたので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 イカダ&カセ

日乃出屋でイカダエギング

11月16日、三重県・南伊勢町迫間浦の日乃出屋に釣行。数日前にアオリイカのキロオーバーが釣れているので、今回は良型に狙いを絞る。午前5時半に到着。早速準備を済ませ、6時に出船。船を走らせ10分ほどのイカダに渡る。

イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産にタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

イカダにはスミ跡がたくさんあり、期待大。周りはイカダが浮いているので、ロープや網にアオリイカが着いている感じだ。当日は晴れで、風は時折微風。海水は濁り気味で水温は22度。

だが開始から1時間以上たっても、アタリすらない。あまりにも反応がないので、うきまろッドにサビキをセットして、アジを狙ってカゴにアミエビを詰めて、海底に沈めてみるがこちらも反応がない。潮が動き始めるまでは我慢かもしれない。

400g&700gアオリ登場

サビキは入れっぱなしで置きザオにして、エギングを再開する。根気よくアオリイカが回遊してくるまでエギをシャクるしかなさそうだ。すると、ティップにモソモソとした感じ。アタリか……?

イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産に1時間後にようやくサオが曲がった(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

思い切ってアワせると「きたー!」。グーングーンと引く。待ちに待ったアオリイカだ。抜き上げたのは400gほどだった。辛抱強くシャクり続けたかいがあった。

しばらくして、シャクってピタリとエギを止めて待つと、何かモソモソとした感じ。すかさずアワせると、ずっしりとした重みがありよく引く。キロオーバーか?と期待したが、上がってきたのは700gの良型だった。

イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産に700gサイズゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

サビキにアジ&グレヒット

さらに、もう1匹小型のアオリイカを追加。全てカラーはオレンジマーブルだったので、潮が濁っているせいなのかハッキリと水中でも目立つ色がいいのかもしれない。またエギをバンバンシャクるより、フワフワッと緩くシャクった方が反応が良さそうだ。

やがて潮が動き始めたのか、入れっぱなしのサビキにもアタリ。ムギメシを皮切りにフグ、ベラなどがヒット。外道だが、ちょっと忙しくなってきた。メインのエギングが……。

イカダからのエギングで700g頭にアオリイカ6匹 ゲスト含め好土産にサビキで釣れた唯一のアジ(提供:週刊つりニュース中部版APC・渡邉敦)

すると小型だがアジが釣れた。「アジいるやん!」と回遊を期待したが、それ後はゲストとの戦いでベラやフグとアイゴがヒットする。他にカサゴやコッパグレも。ただしグレはコッパとはいえない、30cm級も釣れて驚いた。

ところが急にパタリとアタリがなくなり、時合い終了。また、サビキは入れっぱなしにしてエギングを再開した。

次のページで良型アオリ連続ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。