ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能

和歌山の紀北エリアへキス釣行。初島漁港は空振りに終わったが、移動した有田川右岸で良型の入れ食いが堪能できたので、その模様をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

海釣り 投釣り

紀北エリアで落ちギス釣り

和歌山の初島漁港と有田川尻右岸に、投げ釣りで落ちギスを狙おうと思い、11月20日に釣行してみた。

海水温が低下気味なので、太陽の日差しで海水温が上昇してくる日中を狙おうと思い、初島漁港には午前9時に到着。朝から快晴で北風が吹いている。漁港の港内向きでは、昨シーズンに20cmクラスの落ちギスをキャッチしたので、期待が持てるポイントだ。

まずは初島漁港でサオ出し

15号の遊動KAISOテンビンに、キスバリ8号の2本バリ仕掛けをセット。エサのイシゴカイをハリいっぱいに付け、キスの寄り場である70m沖の航路筋に投入。着底後、ゆっくりと引き釣りをする。

数投するがキスからのシグナルはなく、小さいアタリで小型のトラハゼが釣れるだけだ。夏のハイシーズンなら、広範囲でキスが釣れ盛るが、落ちギスは群れで固まっているので、ピンポイントでまとめて釣れることが多く、ポイントから外れるとキスのアタリが全くない。

しばらく投入方向をかえたりしてキスの群れを探したが、キスのアタリがない。本日は、港内にキスの回遊はないと思い、昨シーズンに小型ながら落ちギスが釣れた有田川右岸に移動した。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能当日の初島漁港(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

有田川右岸へ移動

昼ごろには気温が20℃程となる。海水温度も日差しで上昇してきて、キスの活性が高くなってくるころだ。この場所は遠浅で、夏のハイシーズンなら広範囲で釣れ盛るが、今の落ちギスのシーズンでは、遠くよりも手前の浅場に接岸していて、ちょい投げで十分狙える。

ちょい投げタックルを用意し、エサのイシゴカイをハリいっぱいに付け、正面の50m沖合いに投入。着底後ゆっくりと引き釣りをすると、所々引っ掛かる所がある。上流から大雨で流されてきた堆積物に引っ掛かるみたいだ。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能有田川右岸の釣り座(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

強いアタリでピンギス登場

右方向のテトラ側に投入すると、引っ掛かる所はなく引き釣りができる。手前まで引いてきた時にブルブルッとキスのアタリがあり、10cmのピンギスが釣れてきた。手前でアタリがあったので、強いキス独特のアタリは堪能できた。

手前にピンギスの群れが接岸していて、沖合い10mから手前だけにアタリがある。ブルブルとあたりがあり、追い食いを待っていると、またブルブルとアタリがある。よくダブルで釣れ、小型でも釣趣が楽しめる。

サオ下でもブルブルッとアタリがあるが、ハリの吸い込みができず素バリをひく。ピンギスなので、ハリ掛かりしない時もあるようだ。ハリ掛かりして、掛かりの浅いキスはリリースしていく。

ちょい投げキス釣りで22cm頭に25匹手中 近距離で入れ食い堪能キャッチしたキス(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで投点をかえサイズアップ

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。