《夏休みオススメ》LTアジ釣行:一日通しで100尾超!【東京湾】

7月2日(月)、LTアジで、川崎市の船宿つり幸から釣行した。船釣り入門やファミリーフィッシングとしてもオススメのLTアジ。夏休みのレジャーのひとつとして検討してみてはいかが?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

場所移動で多点掛け連発!

8時20分に移動。

船長から「潮が速く、コマセを振ったらすぐに巻いて仕掛けを同調させてください」と指示。これを遵守すると、9時にやっと本命の型を見てホッとする。タナは2m。

次はエンジン流しで狙う。

10時になり、潮はトモからミヨシへの下げ潮がさらに効いてきた。1m巻いてコマセを振り、もう1m巻いて待つ。

待ってましたとばかりにアタリ。2点、3点掛けで上がりだす。

トモの野原さん(川口市)と「やっとアジ釣りらしくなったね」と顔を見合わせ安どの表情。

左トモ地元の福田さんが絶好調。良型をポンポン抜き上げている。その隣は群馬県から来た植田さんと間口さんで、良型アジを見せてくれた。

他県から来たお二人も好調だった。

前半の不調をここで一気に挽回。

釣れ盛っているなか、後ろ髪を引かれる思いで11時に沖上がり。私の釣果は32尾で午後船にも乗船決定。右トモに席を移動する。

午後船は入れ食い

午後船は12時30分出船。最初は水深17mをエンジン流しで狙う。アジの型はいいが、小サバがうるさい。

しばらくは我慢の釣りが続く。

15時に朝のポイントへ移動する。福田さんと私が引き続き乗船したが、メンバーはほぼ一新。

右胴の間では、珍しい若い女性の4人組が元気に竿を振っている。リーダー格の一人は、竿さばきがなかなかさまになっている。釣れた魚を持ってモデルになってもらった。

女性グループも好調!

その後、湾岸道路の内側へ入り、水深は10mと浅い。タナは底上2m。全員がコマセを振るとアジが船に着いたようだ。

2mのタナに合わせるとすぐにアタリ、ゆっくり巻くと2番、3番目のアタリで追い食い成功。あっという間にオケは真っ黒になる。

1時間ほど入れ食いを楽しみ、16時15分に沖上がり。

次ページで最終釣果を発表!