波止釣り『エサ図鑑』:大人気のタチウオ狙い電気ウキ&テンヤ釣り

波止釣り『エサ図鑑』:大人気のタチウオ狙い電気ウキ&テンヤ釣り

2021年も不振の年と囁かれつつも、大阪湾の波止のタチウオ釣り人気は衰え知らず。近年はワインド釣法も盛んだが、今回は波止での電気ウキ釣りとテンヤ釣りで使うタチウオのエサを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

タチウオはフィッシュイーター

タチウオは鋭い歯を持つ大きな口が特徴的で、海中を泳ぐ小魚を捕食するフィッシュイーターの代表格の回遊魚である。従ってエサ釣りの場合は当然に小魚や小魚サイズの魚肉片がエサとなる。

釣期の秋には、タチウオが釣れる釣り場の近くのエサ店では、ほぼ漏れなくタチウオ用のエサが売られている。

波止釣り『エサ図鑑』:大人気のタチウオ狙い電気ウキ&テンヤ釣りタチウオはフィッシュイーター(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

波止タチウオの釣り方

波止からのタチウオ釣りは、日中ではなく、夕暮れから夜明け前までの暗い時間帯での釣りになる。釣り方は電気ウキ釣りとテンヤ釣りが代表的で、釣り方によって使うエサが異なる。

電気ウキ釣りのエサ

電気ウキと市販のワイヤーハリス仕掛けとの組み合わせで釣るのが一般的で、ハリは1本バリ仕掛けと2本バリ仕掛けがある。ハリの大きさはチヌバリ5号前後なので、それに見合うサイズの小魚や魚肉片がエサとなる。

キビナゴ

最も代表的なエサはキビナゴ。そのまま冷蔵したシンプルなものから、集魚液に漬け込んだ色付きのものまで様々な種類がある。天候や海水の色によって使い分けると釣果があがるとされており、悩んだらエサ店のスタッフにアドバイスを求めるといい。

波止釣り『エサ図鑑』:大人気のタチウオ狙い電気ウキ&テンヤ釣り冷凍のキビナゴとイワシ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

切り身&イワシ

キビナゴの他には、サンマの切り身や冷凍の小アジが売られているほか、店によってはキビナゴの大きさに近い小さなサイズの冷凍イワシも扱っていることがある。もし、小サイズの冷凍イワシが売られていたら、キビナゴよりもタチウオがアタックしてくる確率は高いので、是非入手してほしい。

さらに言うならば、タチウオのシーズンに回遊している小魚こそが最強のエサなので、日中にサビキ釣りで釣れるイワシをキープしておいて、電気ウキ釣りのエサに使うと、タチウオがアタックしてくる確率は周りの釣り人よりも格段に上がる。

波止釣り『エサ図鑑』:大人気のタチウオ狙い電気ウキ&テンヤ釣り釣り場で釣れた小魚は最強のエサ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

エサの刺し方

エサの刺し方は、1本バリなら目刺し、2本バリなら目刺しと尾掛けとでエサを並行になるようにハリ付けする。

釣り方ワンポイント

電気ウキ釣りの重要なセオリーは、「即アワセは禁物」。タチウオの口は大きく、一方でキビナゴが小さいからといって、一口で捕食する食性の魚ではないようだ。電気ウキが沈んでも、向こうアワセのつもりでハリまでとことん飲み込ませるぐらい、十分待ってから仕掛けを上げるようにしてほしい。

次のページではテンヤ釣りのエサを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。