コマセ&イカのリレー釣りで特大マダイ82cm浮上 タルイカは小型のみ

コマセ&イカのリレー釣りで特大マダイ82cm浮上 タルイカは小型のみ

福井県・越前町の大樟港から半夜便を利用してマダイとタルイカのリレー釣りに出かけた。釣友が特大マダイ80cm級、私が小タルを仕留めた釣行をレポートする

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

マダイ・タルイカ狙い

10月15日、釣友の奥平さんと一緒に、福井県・越前町の大樟港に到着すると、舟津さんと中嶋さんが準備万端で待っていた。船長とあいさつをかわして船に乗り込む。

日が沈む時間帯まではテンビン仕掛けでマダイを狙う予定だ。私は右舷ミヨシ、奥平さんは左舷ミヨシ、舟津さんと中嶋さんはトモからサオを出す。全員テンビン仕掛けでマダイを狙う。さしエサはオキアミだ。

コマセ&イカのリレー釣りで特大マダイ82cm浮上 タルイカは小型のみ奥平さんのテンビン仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

マダイ釣りスタート

午後3時に出船、航程20分ほどでマダイ魚礁に到着した。やがて「水深63m、潮の流れは緩いです」と船長から指示が出て釣りスタート。沖は波風ともに弱く、絶好の釣り日和だ。

カウンターの数値48m付近で誘い続けるが、エサ取りが激しく苦戦。全員狙いダナが定まらず、徐々にタナを上げて誘いアタリを待つ。

そんななか、奥平さんのサオが曲がり50cm前後の美しいマダイを仕留めた。ヒット数値は35mとのこと。

トモの舟津さんのサオも激しくたたかれ、30cm前後のマハタを浮上させていた。

50cmマハタ登場

底潮が少し動き始めるとラインは少し斜めに落ちていく。「さしエサが残ってきたよ」と奥平さん。厄介なエサ取りがいなくなると、トモの中嶋さんが大声で騒ぎだした。

サオが豪快にたたかれ、鋭い突っ込みが止まらないようだ。船長がネットを持って駆け寄り取り込み準備は整った。やがて無事ネットに収まったのは立派な腹パン50cm前後のマハタだ。これでお土産はできたと中嶋さんは大喜びしていた。

コマセ&イカのリレー釣りで特大マダイ82cm浮上 タルイカは小型のみ中嶋さんテンビン仕掛けでマハタ(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

夕マヅメの時間帯になり、豪快にサオが突っ込んでも不思議ではない。数値48m付近で仕掛け投入を繰り返すと、サオが数回たたかれた。ここでアワセを入れると、生命反応は確かだが、大きな突っ込みがない。やがて食べごろサイズの35cm前後のマダイが浮上したが、このサイズでは物足りない。

82cm特大マダイ浮上

ここで奥平さんが「おっ、きたぞ~」と大声を上げた。突っ込みは強烈でラインが出ていく。私がネットを持って構えていると、強烈な三段引き!これは大ダイに間違いないだろう。奥平さんは手持ちザオで重量感のある引きをかわしながら巻き上げると、やがて船下から大きなマダイが浮上した。「特大マダイだぁ~」という船長の弾んだ声。やがてネットに収まったのは雄のマダイ80cmオーバー。

奥平さんの足元で特大のマダイが暴れている。それを見て満面の笑みの奥平さんが印象的だった。

コマセ&イカのリレー釣りで特大マダイ82cm浮上 タルイカは小型のみ奥平さんに特大マダイ82cm(提供:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

次のページでタルイカ狙いの模様をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。