今シーズン初ワカサギ釣りで3ケタ釣果 ゲスト魚に苦戦も良型中心に満足

今シーズン初ワカサギ釣りで3ケタ釣果 ゲスト魚に苦戦も良型中心に満足

10月25日(月)、今季初のワカサギ釣りとして神奈川県相模原市にある津久井湖へと釣行した。厳しい状況下での私的解禁となったが、津久井湖名物であるデカサギがメインで掛かり結果的に102尾の釣果に恵まれた釣行をレポートしよう。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

なおぱぱ

ライター紹介文→関東を中心に季節問わず1年中釣りを楽しんでおります。執筆しながら色々と成長をしていきたいと思いますので、宜しくお願い致します。

×閉じる

淡水の釣り ワカサギ釣り

津久井湖の沼本ボート

今回の船宿は津久井湖にある沼本ボート。同店ではボートでのワカサギ釣りが楽しめる。津久井湖最上流域に位置しており、ポイントも比較的近いボート桟橋から手漕ぎで片道20分以内の場所での釣りがメインとなる。

船頭自身が例年ワカサギ孵化作業も手掛けており、釣果も安定している。毎日の状況を把握されているので釣れている場所を詳細に教えてくれるので、我々釣り人にとっても心強く安心な船宿である。

定休日:第1、3、5木曜日
営業時間:6時30分~16時30分 (時期によりその都度変更)

今シーズン初ワカサギ釣りで3ケタ釣果 ゲスト魚に苦戦も良型中心に満足沼本ボート桟橋(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

津久井湖の釣況とタックル

開店時間に合わせて到着して船頭に状況を教えて貰うと、最近は厳しめで釣れても目安は「1日あたりサオ頭が50尾程度~100尾前後」とかなり難しい状況のようだ。群れもあまり出ておらずサカナの食いも悪く、ゲストも多いとのこと。

だがこのような状況だからこそ、100尾を目指してテクニカルな釣りを楽しむのも面白いと思う。落とせば掛かるのもワカサギ釣りだが、落としても簡単に掛からないのもまたワカサギ釣りなのだ。

今シーズン初ワカサギ釣りで3ケタ釣果 ゲスト魚に苦戦も良型中心に満足津久井湖の景色(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

当日のタックル

自作先調子ザオ35cmに延長アダプターを取り付け、電動リールはレイクマスターを2丁。仕掛けは自作仕掛け8本バリ袖1号と下バリ構成、オモリは3号を使いエサは紅サシを3袋用意した。

ゲスト魚連発に苦戦

ワンド入口付近の沼本ダム下ポイントのロープへと係留し、先行者の様子を見ながら準備する。その方は私と同じく2本ザオで誘いながら、ロープ間を探りつつ様子を伺っている。

私も釣りを開始するが、開始からニゴイとハヤがフル稼働で釣れてくる。時折、尺クラスのニゴイも掛かり、仕掛けを崩されたり、切られたりとゲスト魚連発に苦戦を強いられる。中層にまれに映る群れも足早で食わず、底層に映るサカナもゲストが多め。

開始から2時間程度ゲスト魚に悩まされていたが、徐々に底層に映るサカナの反応が変化していく。ワカサギが釣れだして一定時間経過するとゲストが掛かり、しばらくは反応がなくなりという繰返しだ。

今シーズン初ワカサギ釣りで3ケタ釣果 ゲスト魚に苦戦も良型中心に満足魚探の映像(提供:TSURINEWSライターなおぱぱ)

次のページでデカサギがポツポツヒット

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。