陸っぱりタチウオ釣りで2ケタ釣果 『スローワインド』で連発の時間も

陸っぱりタチウオ釣りで2ケタ釣果 『スローワインド』で連発の時間も

盛期を迎え好調に釣れているタチウオを狙って、和歌山マリーナシティへ出かけた。情報通り高活性で、2ケタ釣果を得た夕マヅメのスローワインド釣行をリポートしたい。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

谷口墨人

こんにちは。谷口墨人です。ルアーで、アオリイカ・タチウオ・青物・カマス・根魚、投げ釣りでキスも狙っています。

×閉じる

ソルトルアー ショア

和歌山マリーナシティでタチウオ釣り

10月に入り、紀北の波止場でのタチウオ狙いは盛期になってきた。70cmクラスまでの新子が多いが、90cmクラスの良型が交じってくる時がある。そこで、10月5日の、夕方の時合いを狙って、和歌山県の和歌山マリーナシティに釣行してみた。

マリーナシティの駐車場には、午後3時すぎに着いた。タチウオが好調に釣れているので、もうすでに駐車場の半分が埋まっていた。タックルを持って、大波止の沖向きに行くと、まだ明るいので、ハマチやシオ狙いのルアーマンが多い。南風が吹いていて、30℃近く気温が上がっていて、本日も暑くなっている。

陸っぱりタチウオ釣りで2ケタ釣果 『スローワインド』で連発の時間も和歌山マリーナシティ大波止(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

灯台近くでスローワインド

北側の灯台近くまで歩いていき、空きスペースにエントリー。早ければ、3時すぎからタチウオが釣れ始めるので、ワインドのタックルをセット。20gのジグヘッドに、シャッドテイル4inch(パールホワイト)の、頭をカットしてから装着。できるだけ遠投し、着水後ボトムを取ってから、ゆっくりとスローワインドでシャクッていく。

陸っぱりタチウオ釣りで2ケタ釣果 『スローワインド』で連発の時間も使用したルアー(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

しばらく投入を繰り返し探っていくが、反応がない。今日のタチウオの回遊は遅めだと思い、ライトタックルでアジやカマスを狙ってみる。7gのジグヘッドに、シャッドテイル3inch(パールホワイト)の、頭をカットしてから装着。投入後、ボトムからスローワインドで探ってみるが、反応がない。

港内側に移動し本命70cm

港内のマリーナ向きを見に行くと、地元の釣り人がルアーやエサ釣りの電気ウキを浮かせてタチウオを狙っている。港内向きがタチウオの寄りがいいのかと思い、港内向きに移動する。

まず、7gのジグヘッドを使い、ライトタックルで狙ってみる。すると4時30分ごろ、中層をゆっくりとシャクッていると、ガッーンとバイト。すかさずアワせると、グングンと引きが伝わる。引きを味わい、70cmのタチウオをキャッチ。まだ明るいが、早くもタチウオを釣り上げた。周りではまだ釣れておらず、単発だった。

陸っぱりタチウオ釣りで2ケタ釣果 『スローワインド』で連発の時間も1匹目のタチウオ(提供:TSURINEWSライター谷口墨人)

次のページで時合い突入!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。