「岸ジギ」パターンでモンスターヒット まさかのカンパチかヒラマサ?

「岸ジギ」パターンでモンスターヒット まさかのカンパチかヒラマサ?

この日の釣行には、悔しさが残った。おそらくこれまで私が掛けた魚では最大の青物かシーバス。足元で掛けたのにまったく浮上してこず、勝負をかけたところで逃した。無念の釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港当日の状況

10日10日の大阪南港。中潮、8時ごろに上げきり。連日、早朝のエントリーで、釣りに関しては夕マヅメから夜型だった筆者も、休日のペースがかわってきた。「昨日も行ったけどサバばっかりだったし、いっか」と思ったのだが、朝早く目覚めて少し迷いつつ、気が付くとリーダーの結束を始めていた。

タックルは8.5ftの21gまで投げられるロッド、リールは2500番にPEライン0.4号の設定だ。

タチウオ気配なくワインドでサバ

早朝5時40分ごろエントリー。まだ光量が効かない時間は、ワインドでサバ。

「岸ジギ」パターンでモンスターヒット まさかのカンパチかヒラマサ?ワインドでサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

本当に今年のサバはやたらとワインドに食う。私が妙なコツをつかんでいるのだろうか?

先日、ワームをかじってきたタチウオは音沙汰なし。だが、まだ焦る必要ない。群れを追いかけようと思えば、泉佐野にマイポイントがあり、そこに密度の濃い情報がある。しかし行くのは結構労力を使うので、まだ大阪南港で待とう。

ただ巻きにサバ好反応

この日のサバはメタルジグにセレクティブだった。妙にジャークが効かない上、シルエットを選ぶ。先週の着水バイトフィーバーとは、同じ海かと思えないような魚影の薄さ。しかし終盤パターンをつかんだ。

この日は、カタクチのマッチ・ザ・ベイト&カラー。スリムタイプのカタクチイワシ15gジグでただ巻きしていると、いとも簡単に食い始めた。ジグに2尾掛け。今は当たり前のように釣れてくれているが、いつかこの群れも離れてしまうんだろうな、とふいに寂しさを覚える。秋ならではの釣愁というところか。

「岸ジギ」パターンでモンスターヒット まさかのカンパチかヒラマサ?名残惜しいサバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

岸ジギでシーバス2バイト

話はここからだ。

少しポイントをかえ、ドン深のミオ筋沿いに移動。足場も悪くないので、メタルで思いついて、岸ジギをやってみた。テクトロでコースを作り、ジャーク、ただ巻きを繰り返す。

すると、思った通りシーバスがヒット。なんか居そうだな、と前から見ていた、大潮回りでは足元が浸かってしまうようなちょっときわどい場所だ。しかし、エラ洗いでフックを外される。50cmくらい。少し場を温めてもう一度打つと、おそらく同じ魚がまたメタルに食ってきた。今度は勝ったぞと思っていると、リーダー本線を岸に擦られて思わぬ終戦。

サバ、タチウオのリーダー設定にしていたので、足場の低いところで急に足元に突っ込まれるという想定をしていなかったのだ!もったいない。しかし、その場で学んでリトライ。

「岸ジギ」パターンでモンスターヒット まさかのカンパチかヒラマサ?過去に獲ったシーバス(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではキワの速巻きで大物がヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。