リバーチニングで驚異の60cmクロダイ浮上 大型攻略の3つのキモとは?

リバーチニングで驚異の60cmクロダイ浮上 大型攻略の3つのキモとは?

三重県桑名市の木曽川へ3日間、チニングで釣行に臨んだ。驚異の60cmメガクロダイも手中した釣行をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

木曽川でチニングゲーム

10月14日、河川の増水や濁りが心配だったが、アメダスレーダーを確認すると降っている所は一部のみ。木曽川も上流は降っておらず、増水の心配もないことから三重県桑名市の木曽川へ釣行に臨んだ。河口では雨が降り濁りも出ているため、魚に警戒されずに釣りができそうだ。

いつもの私のパターンとして、まずは岸からキャストして地形がボコボコと変化している所を探すのだが、今回は何度もフィールドに通って見つけた沖にある1つの岩の周辺を丁寧に探る作戦。数投キャストして、すぐに結果が出た。

早々に年無しクロダイ登場

ルアーを岩に当てて、砂地にルアーを擦らせ砂煙を出しながらリトリーブ。ハゼやテナガエビだと思い食いにかかる魚。その瞬間、ロッドがドンっと持っていかれて即アワセ。弧を描くロッドに興奮しながら、魚のパワーを楽しみランディングした。見事な年無しクロダイだった。

リバーチニングで驚異の60cmクロダイ浮上 大型攻略の3つのキモとは?見事な年無しクロダイ(提供:提供:週刊つりニュース中部版APC・高畑光邦)

2日目はクロダイ高活性

翌15日の早朝はとんでもない大きな魚を釣り上げた。当日はまだ薄暗いなかでスタート。徐々に辺りが明るくなってきた時、ついにその瞬間が訪れた。

河川の流れが緩やかになり、ルアーがボトムをたたき始めた。風は北西で、肌に涼しく感じる程度の微風。リトリーブスピードをゆっくりにするとルアーが弾かれる。魚の活性は高い。あとはどう釣るかだ。

ルアーのカラーを次々変えていくが、バイトには至らない。次はルアーのサイズを小さくしてみたが、逆に魚に気づいてもらえない。

次のページで夢の60cmクロダイ堂々浮上!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。