マダイ釣りのメッカ上越地方で楽しむタイラバゲーム 本命にワラサも浮上

マダイ釣りのメッカ上越地方で楽しむタイラバゲーム 本命にワラサも浮上

釣友とともに乗船した新潟能生漁港こうゆう丸でのタイラバゲームの模様をレポートしたい。

新潟県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

上越エリアのタイラバ

新潟県上越地方はマダイの聖地ともいわれ、型・数ともにポテンシャルが高い。マダイを求めて地元だけではなく県外からも多くの釣り師が集うエリアである。釣法としてはコマセマダイ釣りの人気が圧倒的に高く、マダイのポテンシャルが高いにもかかわらずタイラバゲームメインで出船してくれる遊漁船はさほど多くはない。

そんな中、こうゆう丸はコマセマダイはもちろんタイラバゲームメインでも予約できる貴重な遊漁船の一つである(時期・曜日によっては予約できないケースもあります)。

こうゆう丸でタイラバ

10月某日。能生漁港集合時刻は朝5時30分。予約順で釣り座を決めて、定時の6時に出船。こうゆう丸ではタイラバゲームの場合は乗船者全員が片舷に並ぶスタイル。

マダイ釣りのメッカ上越地方で楽しむタイラバゲーム 本命にワラサも浮上快適な人数で出船(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

乗船定員を減らし予約人数を8人に抑えてまでも乗客が釣りやすいようにと配慮しているようだ。船長のその姿勢には頭が下がる。

潮なし風なしで序盤苦戦

約30分でポイントに到着。船長が魚探で反応を探して一斉に期待の1投目投入。水深98m。この日は終始100m前後の水深だった。グラメタという訳ではないが、まずは100gのタイラバで様子を見る。釣友の寺さんは120gでスタート。

この日は好天すぎるほどの天気。10月というのに初夏を思わせる陽気だ。潮動かず、微風。100gのタイラバは潮の抵抗を受けずほぼ垂直に海底に落ちていった。明確に着底が分かりすぐにベイトリールで巻き上げ開始。

中層までベイトの反応が出ていたのでそれぐらいまで等速巻き。アタリなくタイラバを落としなおす。一番船首側の筆者から見える右舷に整列する7人も全員1投目アタリなし。

船中ファーストマダイ手中

釣り開始後約2時間右舷に並ぶ8人全員ノーヒットノーキャッチ。爽やかな天気とは対照的に静まり返る船中。みな黙々とリールを巻き続ける。

この沈黙を破ったのは、なんと筆者のロッドだった。教科書通りのタイラバヒットパターンで巻き上げ時にバイトが始まりさらに10mほど巻き続けたあたりでノッた。慎重にやりとりし1kg食べごろサイズのマダイキャッチ。

約30分後釣友の寺さんにもヒット。フォール中にバイトがあったようだ。細ラインで慎重にやりとりし、2.4kgの良型マダイをキャッチした。

定番ゲストのワラサ

さらに持ってる男寺さん、ポイント移動前の仕掛け回収時にさきほどのマダイを上回る大きなアタリ。メインラインPEライン0.8号リーダー3.5号と少数好きの寺さん。じっくり時間をかけてファイトする。

マダイ釣りのメッカ上越地方で楽しむタイラバゲーム 本命にワラサも浮上釣友がワラサをキャッチ(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

上がったのはこの時期の定番ゲストブリの若魚ワラサである。4kgなりの良型。タイラバタックルでバラさず上げるとはお見事。

次のページで最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。