「磯釣り」初心者入門:安全装備の基本 常に恐怖心と諦める勇気を持とう

「磯釣り」初心者入門:安全装備の基本 常に恐怖心と諦める勇気を持とう

磯は魅力いっぱいのフィールドですが、危険もいっぱい潜んでいます。今回は磯場での釣りを楽しむために必要な装備などについて紹介していこうと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター齋藤大)

齋藤大

宮城県在住のサラリーマンアングラー。ロックフィッシュを中心としたソルトフィッシングや、バスやナマズなど、季節毎に狙える魚をターゲットに各地で様々な釣りを楽しんでいます。そんな色んな釣りの楽しさを自分の言葉で発信していきたいと思っています!

×閉じる

ソルトルアー ショア

磯の魅力と危険性

“釣り”の中でも磯場での釣りは、釣り自体のパワフルさはもちろんですが、フィールドやその道中で雄大な自然を眼前にすることができるなど、他の釣りでは味わえないようなダイナミックな要素がたくさん散りばめられています。

しかし、その魅力の反面、危険も多く伴います。私自身も岩場から滑落して怪我を負ったこともありますし、痛ましい事故も後を経たないというのが現状です。

磯の魅力的な部分だけを楽しむにはどうすればいいのか?それはできる限りの安全装備を整えること。そして常に恐怖心を持ち、諦める勇気を持つことだと考えています。以下、基本の安全装備を紹介します。

ライフジャケット

「磯釣り」初心者入門:安全装備の基本 常に恐怖心と諦める勇気を持とうシステムベストがお勧め(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

磯場での釣りに限ったことではありませんが、ライフジャケットは必ず着用しましょう。腰巻や肩掛けタイプの膨張式のものではなく、写真のようなシステムベストを選びましょう。膨張式のものは、仮に落下した際に岩場で擦れて破れてしまい正常に機能しない恐れがあります。

システムベストの場合は、衝撃にも強いですし収納スペースもあります。私の場合は写真のように必要最低限の荷物をベストの中に入れ、両手が空くようにしています。

スパイク

「磯釣り」初心者入門:安全装備の基本 常に恐怖心と諦める勇気を持とうスパイク(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

ベストとセットで必ず準備したいのがスパイクです。ポイントでは濡れていたり滑りやすい岩の上を歩いていったりすることがほとんどです。滑って転倒してしまったりすることを防ぐために、スパイクは必須です。

足元のグリップが効いていると歩きやすさだけでなく、キャストやフッキングのしやすさにもつながります。

服装の注意点

ベストやスパイク以外にも、装備品でも細かい注意点がいくつかあります。

半袖は厳禁

「磯釣り」初心者入門:安全装備の基本 常に恐怖心と諦める勇気を持とう磯へは長袖で(提供:TSURINEWSライター齋藤大)

ポイントまでの道中では藪を漕いだりもしますし、ハチやヒルなど害虫もいます。また、細心の注意を払っていても転倒や転落も付き物です。上記を踏まえると肌を出していることは非常に危険です。夏の暑い日でも半袖は避けて通気性のいい長袖のウェアを着用するようにしましょう。

また、肌を出さずに怪我を防ぐという点では、グローブや帽子をしっかりと着用するようにしましょう。切り立った岩の下など落石も考えられるポイントではヘルメットの着用も推奨します。

次のページで恐怖心を持つことが最重要?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。