深場釣り:水深1,000m!ベニアコウを狙え【神奈川県・相模湾】

「いつかは1000m以上の深場釣りを」の夢をかなえるため、相模湾にある船宿へ。狙う魚はベニアコウ。超が付く深場釣りは今年から始めた初心者だ。さて結末はいかに?

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ついに大ベニアコウか?

左舷に6人を乗せて、7時に出船。航程1時間ほどでポイント着。

ここは駿河湾や富山湾同様、水深が1000m以上ある。神奈川平塚~小田原にかけては大陸棚がほとんどなく、海岸から一気に深くなる。そのためポイントは、カケアガリが中心。

6月24日は大田区の河崎さんが釣り上げたときは驚いた。PEラインが30mほど沖に流れると、小さな赤い花が海面にポッカリと浮いた。

「でかい!」

と思わず声が出た。これがベニアコウ釣りの魅力か。検量すると8.5kgだった。

8.5kgの大アコウだ!

次のシーズンは10月から始まる。それまでに腕をみがいて、まずは1尾が私の目標だ。

ワンポイントアドバイス

ハリ数は通常10本だが、初心者は半分の5本がいい。そのほうが2回目以降の取り込みやエサ付け、仕掛けの投入準備が余裕を持って対応できる。

1000mを超える深場釣りに興味がある人は、LT深場でも楽しめるキンメやアコウを経験してからがいいだろう。

初心者の筆者はまだアコウは無し。でもいつかは!

<週刊つりニュース関東版 APC・針生芳昭/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年7月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。