根魚ジギング釣行:マハタにアコウに連続ヒット【鳥取県・第二龍勢丸】

そろそろおいしい白身魚が食べたくなってきた…と、釣友の松井氏と一緒に山陰根魚ジギングを計画。梅雨の合間の晴れを狙って6月25日、鳥取・境港から出船の第二龍勢丸に乗船した。境港までは大阪北部から3時間少しと、意外とアクセスがいいのがうれしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

重量感のあるアタリ連続ヒットで絶好調!

当日は狙い通りの快晴の中、乗り合いの釣り人を乗せて、午前6時出港。

本日のタックル図

沿岸では波も穏やかで当初予定していた隠岐海域まで行けるかと思ったが、沖に出てみると思ったより風が強く隠岐は断念。西のカンナカ方面へと急きょ変更となった。

カンナカ方面も広大な天然瀬の広がる、十分な釣果が期待できる一級ポイントだ。風波のため2時間ほどかかったが、最初のポイントに到着。水深は80~90mほど。

左舷大ミヨシに入った私はPEラインの1.2号のライトタックルに『ARMS/EZ―DAGGER』の130gを装着して投入。

少し2枚潮なようで着底と同時にイトふけをとるため、10mほど速巻きをしてから、再度底を取り直してハーフピッチジャークでフワフワと誘ってやると早速ヒット。

レギュラーサイズのウッカリカサゴだが幸先いい1匹だ。

次ページで入れ食い到来!