根魚ジギング釣行:マハタにアコウに連続ヒット【鳥取県・第二龍勢丸】

そろそろおいしい白身魚が食べたくなってきた…と、釣友の松井氏と一緒に山陰根魚ジギングを計画。梅雨の合間の晴れを狙って6月25日、鳥取・境港から出船の第二龍勢丸に乗船した。境港までは大阪北部から3時間少しと、意外とアクセスがいいのがうれしい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

最終釣果は大満足の8魚種!

大満足の釣果だった。

前半の釣れっぷりに「今日はどれほど釣れまくるのだろう」と思ったが、そうは問屋が卸さないようで、後半は潮が止まり釣果も急失速。一転してテクニカルな状況となった。

アタリも渋く、食いが浅いためバラシも増える。後半は前半の4分の1程度の釣果と厳しいまま、午後2時半の納竿となった。

とはいえ、終わってみればかなりの釣果。

中でもマハタ42~45cm4匹は特筆ものだろう。魚種的にも、マハタ、ウッカリカサゴ、アコウ、チカメキントキ、アオハタ、チダイ、レンコダイ、ケンサキイカとおいしいものばかり8魚種と満足の釣果だった。

まとめ

マハタの刺し身は絶品

釣果の一部は後日、近所の居酒屋さんで調理してもらって家族でいただいたが、クセのない白身魚たちはどんな調理にも相性抜群で、不思議なくらいいくらでも食べられてしまう。家族も絶賛だ。

日本海が穏やかな夏の間に、また山陰根魚ジギングに再チャレンジしてみようと思う。

<週刊つりニュース関西版 奥村眞佐夫/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
第二龍勢丸
この記事は『週刊つりニュース関西版』2018年7月20日号に掲載された記事を再編集したものになります。